オファー殺到のニューウェイ、アストンマーティンは獲得諦めず。4チームの獲得合戦続く

フェラーリとの契約間近だと報じられているエイドリアン・ニューウェイだが、アストンマーティンは獲得を諦めていないようだ。

Adrian Newey, Chief Technology Officer, Red Bull Racing, inspects the car of Fernando Alonso, Aston Martin AMR23, on the grid

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 伝説的なF1デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイがレッドブルを離れることが明らかとなって以来、彼の元には数々のオファーが舞い込んでいるようだ。中でもフェラーリとの関係が取り沙汰されており、一部ではすでに契約書にサインしたとも言われているニューウェイだが、アストンマーティンもニューウェイ獲得を諦めずに勧誘を続けているようだ。

 オランダのテレグラフ紙は19日、アストンマーティンがニューウェイを説得するために努力を続けていると報じたが、motorsport.comの調べでもそれは間違いないようだ。

 チームのポテンシャルを知るために、ニューウェイは最近、アストンマーティンが建設した最新鋭のファクトリーを非公開に訪問したことが明らかとなっている。

 ニューウェイは今年12月に66歳となるが、まだ引く手あまたであり、どうやら4チームの間で獲得合戦が行なわれているようだ。それはフェラーリとアストンマーティン、さらにメルセデスとマクラーレンだと見られている。

Adrian Newey, Chief Technology Officer, Red Bull Racing inspects the car of Charles Leclerc, Ferrari on the grid

Adrian Newey, Chief Technology Officer, Red Bull Racing inspects the car of Charles Leclerc, Ferrari on the grid

写真: Red Bull Content Pool

 ニューウェイはすでにレッドブルのF1開発から離れていると見られているが、現在はレッドブルのハイパーカーであるRB17の開発に取り組んでおり、移籍は2025年初頭まで待つことになる。

 F1は2026年にレギュレーションが変更される予定であり、その開発は2025年の1月から解禁される。つまり、ニューウェイがチームを移籍するのは新車開発における重要な時期になるわけだ。理想的な時期よりは遅く新車開発に携わることにはなるが、ニューウェイの見識は次世代マシンを開発する上で間違いなく役に立つだろう。

 前述したように一部メディアの報道によると、ニューウェイはすでにフェラーリ移籍を決めているというが、ニューウェイのマネージャーであるエディ・ジョーダンはこれをきっぱりと否定している。

 古巣ウイリアムズへの移籍も噂されたが、その噂はすでに消えている。とはいえ、彼が引き続きF1でその辣腕を振るうことになるのは間違いなさそうだ。

 レッドブルはニューウェイがここ暫くの間、マシン開発においてあまり大きな役目を果たしていなかったと強調しているが、ニューウェイの離脱は間違いなく痛手だろう。

 

前の記事 アクティブエアロを導入するなら……サインツJr.、次世代F1マシンでのアクティブサスペンション復活を希望
次の記事 華やぐF1、新規参入の基準が上がるのはあたりまえ? マクラーレン、アンドレッティ拒否に納得。一方”反米姿勢”の存在は否定

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本