新生アストンマーチンF1、2月に新車と新カラーリングを発表へ

レーシングポイントからチーム名を一新させるアルストンマーチンは、2月にイベントを開催し、その場で2021年用マシンとカラーリングを発表する予定だ。

新生アストンマーチンF1、2月に新車と新カラーリングを発表へ

 2018年にローレンス・ストロール率いるコンソーシアムが、それまでのフォースインディアを買収する形で誕生したレーシングポイント。その後2020年の1月に、ストロールが自動車メーカー”アストンマーチン”も買収したことで、レーシングポイントも2021年シーズンからアストンマーチンへと名称を変更する。

Read Also:

 アストンマーチンはこの数年、レッドブルのタイトルスポンサーを務め、同チームの協力も得てハイパーカー”ヴァルキリー”を生み出すなどした。しかし2021年からはアストンマーチン単独でF1に挑むことになる。

 新生アストンマーチンF1チームは、4度のワールドチャンピオン経験者であるセバスチャン・ベッテルと、2020年にはポールポジションを獲得するなど躍進したランス・ストロールという強力な布陣となる。

 同チームは新年早々SNSを更新し、2月に新車とカラーリングを正式に発表すると明かしたが、詳細な日付は今のところまだ示されていない。

「ここに到達するための準備期間は、ほぼ1年あった。アストンマーチンのF1チームとしての新しいアイデンティティを発表する時、寄せられる反応を本当に楽しみにしている」

 チーム代表のオットマー・サフナウアーはそう語っている。

「このような象徴的なブランドを代表する存在になることは、チームのメンバーにとっては特権的なことだ。我々は格上の相手に対してひと泡吹かせることで、評価を得ている。だから最初から、アストンマーチンの名前を誇りに思うことができるはずだと確信している」

「これは新たな旅の始まりだ。そしてこれまで以上に、パフォーマンスを向上させるという決意を持っている。チームからは、さらなるエネルギーを感じることができるんだ」

「このビジネスの中でも最も創造的な考え方、レーサーとしての真のメンタリティ、そしてこれまで我々が培ってきたチャレンジ精神……そういうモノを組み合わせると、将来に向けてワクワクする理由がたくさんある」

 昨年末に発表された2021年シーズンの最新エントリーリストを見ると、アストンマーチンのチーム名からは、レーシングポイント時代にタイトルスポンサーを務めていたBWTの名前が外されていた。そのため、新たなタイトルスポンサーが付く可能性もあるが、現時点では明らかになっていない。

 またアストンマーチンは、2020年限りでFIA世界耐久選手権(WEC)のLM-GTE Proクラスへの参戦を終了。つまりF1が、アストンマーチンがワークス体制で参戦する唯一のFIA世界選手権シリーズとなる。

「F1は非常に強力なプラットフォームであり、会社を前進させるためにも、アストンマーチンの戦略全体で重要な役割を果たす」

 アストンマーチンF1チームのオーナーであり、アストンマーチン・ラゴンダのエグゼクティブ・チェアマンでもあるローレンス・ストロールはそう語る。

「F1は多くの視聴者を抱える、真のグローバルスポーツだ。我々のブランドを再燃させ、世界中でその価値をさらに高めるために役立つと確信している」

「アストンマーチンは、ル・マン24時間レースなど、トップレベルの国際モータースポーツですでに大きな成功を収めているブランドだ。そして今、その歴史の新しいページを書くタイミングが訪れた」

「これはアストンマーチンというブランドのファン、そしてF1全体のファンにとって、非常にエキサイティングな見通しだと言えるだろう」

Read Also:

シェア
コメント
PU開発凍結狙うレッドブル、バイオ燃料の比率増加にも異議「次世代PU導入時で良い」

前の記事

PU開発凍結狙うレッドブル、バイオ燃料の比率増加にも異議「次世代PU導入時で良い」

次の記事

2021年のF1もスケジュール変更は必至? FIAトッド会長「予定通りにはならないはず」

2021年のF1もスケジュール変更は必至? FIAトッド会長「予定通りにはならないはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Luke Smith