F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベント 進行中 . . .
14 8月
次のセッションまで……
6 days
28 8月
次のセッションまで……
20 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
27 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
34 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
48 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
62 days
23 10月
次のセッションまで……
76 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
84 days

F1アメリカGP、開催に暗雲。保健当局が今年中の大規模イベントは無理と観測

シェア
コメント
F1アメリカGP、開催に暗雲。保健当局が今年中の大規模イベントは無理と観測
執筆:
2020/05/22 3:02

F1アメリカGPの開催地であるオースティン市の公衆保健当局は、今年の終わりまで大規模なイベントが開かれる可能性は低く、10月に開催が予定されているF1にも疑念が投げかけられている。

 新型コロナウイルスのパンデミックによって、F1はシーズン開幕が延期。現在は7月からのシーズン再開を目指している。

 ヨーロッパやアメリカでは、新型コロナウイルス対策のロックダウン等の措置が徐々に緩和されつつあり、シーズン再開に向けた動きも加速している。しかしアメリカGPの舞台となるテキサス州オースティンの保健当局は、現段階ではアメリカGPを通常通り開催できるとは考えていない様子だ。

 現在サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)は閉鎖されたままで、チャリティーを目的とした走行イベントが実施されたのが主なトピックという状況だ。

 オースティンの公衆保健当局で暫定メディカルディレクターを務めるマーク・エスコット博士は、大規模な集会を伴うイベントを許可することは優先事項ではないと語った。

「大型イベントは我々が最初に止めさせた事であり、最後に再開することになるだろう。なぜなら多くの人々をリスクに晒す恐れがあり、特にその家族にもリスクが有るからだ」

「我々は合理的なものを予測するための計画に取り組んでいるが、今年の終わりまで大規模イベント、特に2500人以上のイベントを開催するに十分なリスク軽減が可能だという兆候は現時点では無い」

 ただ、エスコット博士は新型コロナウイルスの感染者数の改善次第では、状況が変わる可能性はあると述べている。

「しかしソーシャルディスタンシングを徹底し、調子の悪い人は検査を受けた上で家に留まることで、この問題を解決できる。そういった目標がある」

「我々はコミュニティーとして、まず物事に対して臨機応変に対応すること、そしてその次として、特に秋を含めて、将来的にオープンな状態にできるような状況を目指すことに集中する必要がある」

 そうした地域の規制以外にも気にすべき事がある。COTAはレース開催権料をテキサス州の大規模イベントファンドプログラムによって支えられている。そしてこれは観客が地域で消費活動をし、地方税をもたらすことに基づいているため、難しい状況にある。

 つまり、無観客レースが許可されたとしても、ほぼ確実に前述のプログラムは適用されないはずだ。

 さらにF1はヨーロッパのプロモーターとより有利な契約をしつつ、輸送コストを軽減させるためにもフライアウェイ戦を行なうサーキットから開催権料を受け取りたいと考えているようだ。そのため、アメリカGPの開催には多数のハードルが待ち構えていると言えよう。

 なおCOTAのボビー・エプスタイン代表は現在のレース開催の見通しについては明言を避けた。

「あまりコメントはできない」と、エプスタイン代表は言う。

「しかし今は、法律によってどんな規模の集会も禁止されており、我々のビジネスを行なうことは許可されていない」

 

From the editor, also read:

移籍市場はまだまだ動く? ロマン・グロージャン、アロンソ復帰説には好感

前の記事

移籍市場はまだまだ動く? ロマン・グロージャン、アロンソ復帰説には好感

次の記事

ルクレール、モナコを爆走? 物議を呼んだフランス短編映画のリメイクに挑戦

ルクレール、モナコを爆走? 物議を呼んだフランス短編映画のリメイクに挑戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
執筆者 Adam Cooper