F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

F1オーストラリアGP、ドライバーサイン会は中止。自撮りなどの濃厚接触避ける

シェア
コメント
F1オーストラリアGP、ドライバーサイン会は中止。自撮りなどの濃厚接触避ける
執筆:
2020/03/11 8:41

F1オーストラリアGPで行なわれる予定だったドライバーサイン会が、Q&Aセッションへと置き換えられることが分かった。

 3月13日(金)から開幕するF1開幕戦オーストラリアGP。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、世界中で多くの観客の集まるイベントが中止や延期といった判断が下される中でも、F1は開催する方向で動いている。

 開催も間近に迫っているが、オーガナイザーのオーストラリア・グランプリ・コーポレーションは、新型コロナウイルスへの懸念によりサイン会をQ&Aセッションへ変更するなど、ドライバー関連のイベントに変更が入る予定だと認めた。

 ファンがサーキットに到着したドライバーたちと写真を撮ることで有名な“メルボルンウォーク”も、セルフィーやサイン、その他直接的な交流が許可されていないため影響を受けることになった。

 彼らが発表した声明には次のように記されている。

「現在の環境で、オーストラリア・グランプリ・コーポレーションはF1ドライバーとスーパーカードライバー両者に関わるサイン会及びメルボルンウォークの形式の変更についてお知らせしたい」

「サイン会はQ&Aインタビューセッションへ置き換えられる予定だ」

「そしてドライバーは依然としてメルボルンウォークを続けるが、セルフィーやサインその他直接的な交流のためにファンと密接に触れ合うことはない。理解と協力をお願いしたい」

 現在F1のパドックでも3人の発熱者が確認され、隔離状態で新型コロナウイルスの検査結果を待っている状況だ。

 新型コロナウイルスの予防策はメディアにも影響が及んでおり、いくつかのチームは既にドライバーの暴露を避けるために立入禁止エリアを設定している例もある。

 他にもルノーは2020年用マシンの正式カラーリング発表に続くメディア向け会見に、ドライバーのダニエル・リカルドとエステバン・オコンを参加させなかった。

「言うまでもないが、我々がこのイベントを計画していた際はもっと明るい雰囲気を予想していた」と、ルノーチーム代表のシリル・アビテブールはメディアに対して語った。

「オーストラリア、そしてメルボルンの状況について言っているんだ。通常ならレースをするのが待ち遠しいときだから、それについて話したかった。」

「我々もこのイベントにふたりのドライバーと共にいることを望んでいた。しかしこの状況もあり、彼らを(会見から)除外した。我々がこうした措置をとったことを理解してくれることを願っている」

Additional reporting by Jonathan Noble

 
 

Read Also:

次の記事
【フォトギャラリー】開幕迫るF1オーストラリアGP、現地の様子をお届け!

前の記事

【フォトギャラリー】開幕迫るF1オーストラリアGP、現地の様子をお届け!

次の記事

アルファタウリのクビアト、開幕戦を前にマシンのポテンシャルに自信「あとは僕たち次第」

アルファタウリのクビアト、開幕戦を前にマシンのポテンシャルに自信「あとは僕たち次第」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Supercars , F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
執筆者 Andrew van Leeuwen