F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

オーストラリアのF1とMotoGP、2022年に開催時期の“入れ替え”がある? 

F1オーストラリアGPとMotoGPオーストラリアGPは2022年以降に開催日を互いに入れ替えることを検討しているようだ。

オーストラリアのF1とMotoGP、2022年に開催時期の“入れ替え”がある? 

 F1オーストラリアGP(アルバート・パーク)とMotoGPオーストラリアGP(フィリップアイランド)。これまでは伝統的にそれぞれ3月と10月に開催されてきた。しかし2021年シーズンでは新型コロナウイルスのパンデミックによって、F1オーストラリアGPは11月開催に延期された。

 ただF1オーストラリアGPの主催者であるAGPC(オーストラリア・グランプリ・コーポレーション)のアンドリュー・ウェスタコットCEOは、そのことが2022年以降の両グランプリの開催時期に関して再考するきっかけになったと語る。

 ウェスタコットCEOによると、現在2022年以降のスケジュールについては4つの選択肢が存在するという。そしてそのうちのひとつが、F1とMotoGPの開催時期を入れ替えるものだと彼は語っている。

 この案が実現した場合、両イベントの運営とチケット販売で重要となる、イベント間の空き期間は維持されることになる。加えて、MotoGPでかねてよりライダー側から噴出していた春先(南半球のため)開催による低気温や強風といった悪コンディションに対する不満も、秋の開催へと変更することで対処できるはずだ。

「2022年のカレンダーについて、何も決定的なものは無いというのはいくら強調しても足りないくらいだ」

 ウェスタコットCEOはmotorsport.comに対しそう語った。

「我々はF1では開幕戦のポジションを楽しんでいる。これは我々に合っているし、メルボルンの主要イベントカレンダーの柱にもなっている」

「私が言いたいのは、今年のF1を11月に開催するという変化が、4つの非常に異なる筋書きを考える機会を与えてくれたということだ」

「ひとつは両方のイベントを2月や3月のシーズン序盤に行なうこと。ふたつ目は両方とも10月や11月といったシーズンの終盤に開催することだ。またF1でスタートし、MotoGPで終えるという伝統的な形……そしてその逆、MotoGPで始まりF1で終えるということも可能だ」

「私はこれら4つのシナリオすべてに関してとても開かれた考えを持っている。スポーツにとって良い点と悪い点やチャンスについてね。そしてそれらのイベントがメルボルンにもたらす価値についてもだ」

「その全てが検討されている。今年中頃に(2022年の)カレンダーが決定されるときに、その組み合わせが決められるだろう」

「伝統と新たなチャンスを考慮に入れつつ、私はオープンマインドでいるよ。今のところこの件について決定されたものは何も無いがね」

 なおオーストラリアは現在世界各国に対し外国人の入国を制限する厳しい渡航規制を課しており、F1及びMotoGPが確実に行なわれる保証はまだない。

 今年1月下旬からメルボルンで開催されているテニスの全豪オープンが、新型コロナウイルスが拡大してから初めて行なわれた国際イベントだ。しかしコロナ対策は厳しいものが敷かれており、競技者たちは2週間の完全な隔離を受けなければならなかった。

 だがウェスタコットCEOは全豪オープンの教訓や、ワクチン接種の前進により、11月のF1開催に向けてはより楽観的な状況になるだとうと考えている。

「状況は複雑なものだが、テニスの事例から、彼らがどのようなアプローチをとっていたのかを確認しなければならない」

「ただ個人的、そして政府の見解ではイベント開催にむけたアプローチを継続的に改善し発展させていくチャンスが存在する」

「テニスの教訓や、ワクチンの展開、ホテルでの検疫やその他の健康関連のアプローチに基づいて、改善していく時間がある。それによって11月のイベント開催に向けてより良い状況になるだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

ファウスト・グレシーニ、新型コロナ感染により死去。享年60歳。125ccクラスで2度王者輝く

前の記事

ファウスト・グレシーニ、新型コロナ感染により死去。享年60歳。125ccクラスで2度王者輝く

次の記事

グレシーニの訃報にMotoGP界から悲しみの声続々「僕らはあなたに“借り”がある」

グレシーニの訃報にMotoGP界から悲しみの声続々「僕らはあなたに“借り”がある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , MotoGP
執筆者 Andrew van Leeuwen