ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|2020年F1開幕戦オーストラリアGP初日ピットレーン直送便

新型コロナウイルスの影響で、開催は中止になったけど……各チームがオーストラリアに持ち込んだ最新パーツ。

F1メカ解説|2020年F1開幕戦オーストラリアGP初日ピットレーン直送便
Listen to this article

左右の矢印をクリックすると、次の”ディテール”をご覧いただけます。

メルセデスW11 リヤサスペンションの”追加”ブレーキダクト
メルセデスW11 リヤサスペンションの”追加”ブレーキダクト
1/16
メルセデスは、リヤブレーキにメインとは別の”追加”ダクトを持っていた。しかしこれはレッドブルの追求によりレギュレーション違反であるとFIAが明確化。その技術指令に対処するため、後方に切り欠きを設け、その本来の効果を生まないようにする必要があった。

写真:: Giorgio Piola

レーシングポイントRP20のリヤサスペンションの”追加”ブレーキダクト
レーシングポイントRP20のリヤサスペンションの”追加”ブレーキダクト
2/16
レーシングポイントRP20も、リヤのブレーキに小型の追加ダクトを持っていた。こちらもやはり技術指令に対応するために対策。ただメルセデスとは異なり、ダクト内部にスタイロフォームを詰め、効果を打ち消している。

写真:: Giorgio Piola

マクラーレンMCL35のフロントウイング
マクラーレンMCL35のフロントウイング
3/16
マクラーレンはオーストラリアに、2種類のフロントウイングを持ち込んでいた。上のモノが最新仕様で、メインプレーンの曲線が緩やかになり、翼端板下のフットプレートも平らになっている。

写真:: Giorgio Piola

メルセデスW11
メルセデスW11
4/16
カバーが取り付けられる前のメルセデスのリヤブレーキ・アッセンブリー。ブレーキキャリパーを冷却するために空気が通る銀色のダクトが確認できる。

写真:: Giorgio Piola

フェラーリSF1000
フェラーリSF1000
5/16
フェラーリのエンジンカウル。最近では、複数に分割されていることの多いエンジンカウルだが、フェラーリのそれはライバルたちとは異なり、ほぼ一体形状のパーツとなっている。

写真:: Giorgio Piola

フェラーリSF1000のフロントブレーキダクト
フェラーリSF1000のフロントブレーキダクト
6/16
フェラーリのブレーキドラムは二重構造になっている。これにより、ダクトから取り入れた気流を、ホイールリムに向けて流しやすくなっている。

写真:: Giorgio Piola

ハースVF20のフロア
ハースVF20のフロア
7/16
ハースは、リヤタイヤ前のフロアを改善。複数のスリットが開けられ、細かなフィンも立てられているが、破損するのを防ぐことで安定性を高めようとしているようだ。

写真:: Giorgio Piola

ルノーR.S.20 フロントウイング
ルノーR.S.20 フロントウイング
8/16
ルノーのノーズである。これまでのモデルよりも細くなったノーズ先端。しかしその裏側には、メルセデスがここ数年使ってきたデザインに酷似した3D形状のケープを持っている。

写真:: Giorgio Piola

メルセデスW 11フロントサスペンション
メルセデスW 11フロントサスペンション
9/16
DASの搭載など、テストで話題をさらったメルセデス。その車体側の取り付け部の拡大写真である。

写真:: Giorgio Piola

マクラーレンMCL35 リヤサスペンション
マクラーレンMCL35 リヤサスペンション
10/16
マクラーレンのリヤブレーキダクト。通常前方を向いて開けられるブレーキダクトだが、マクラーレンはその開口部を上方に向け、より多くの気流を取り込もうとしているように見える。

写真:: Giorgio Piola

マクラーレンMCL35 ディフューザー
マクラーレンMCL35 ディフューザー
11/16
プレシーズンテストの2週目にメルセデスがテストした新型のディフューザー。十分な効果があったようだ。

写真:: Giorgio Piola

マクラーレンMCL35バージボード
マクラーレンMCL35バージボード
12/16
マクラーレンのバージボードエリア

写真:: Giorgio Piola

メルセデスW11バージボードエリア
メルセデスW11バージボードエリア
13/16
マクラーレンと比較するために、メルセデスW11のバージボードエリア。多数の地面と水平のパーツが用いられ、ディフレクターパネルの間を繋ぐレイアウトになっている。

写真:: Giorgio Piola

メルセデスW11のリヤ
メルセデスW11のリヤ
14/16
エンジンカウルの後方には大型のTウイングが取り付けられている。また排気管のすぐ上には、2本のリヤウイングステーを繋ぐ形で小型のウイングが付けられている。これらのパーツは、エンジンカウルの表面を離れた気流を、排気ガスの影響を受ける前に整える働きがある。

写真:: Giorgio Piola

ウイリアムズFW43
ウイリアムズFW43
15/16
ウイリアムズはフロアのリヤタイヤ直前部分に金属製のパーツを多用。これによって、フロアが変形するのを防いでいるようだ。

写真:: Giorgio Piola

メルセデスW11コクピット横開口部
メルセデスW11コクピット横開口部
16/16
メルセデスW11のコクピット横を上方から。コクピットのすぐ脇には冷却用のルーバーが開けられている。要求される冷却のレベルによってこの開口部の広さは調整されるが、今回は最大限まで開けられていた。

写真:: Giorgio Piola

 
 

Read Also:

 

シェア
コメント
急きょ中止のオーストラリアGP、チケット払い戻し対応急ぐ。今後は財政問題に直面?
前の記事

急きょ中止のオーストラリアGP、チケット払い戻し対応急ぐ。今後は財政問題に直面?

次の記事

終わりの見えない新型コロナウイルスの感染拡大……2020年のF1開幕は6月に?

終わりの見えない新型コロナウイルスの感染拡大……2020年のF1開幕は6月に?