F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP1 まで
08 時間
:
25
:
01
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
14 days
23 10月
次のセッションまで……
28 days
31 10月
次のセッションまで……
36 days

ホンダF1の田辺TD、待望の開幕初日は「大きな問題なく、スムーズな一日だった」

シェア
コメント
ホンダF1の田辺TD、待望の開幕初日は「大きな問題なく、スムーズな一日だった」

ホンダF1の田辺豊治F1テクニカルディレクターは、開幕戦オーストリアGP初日を終えて、PU面ではスムーズな1日だったと語った。

 いよいよ開幕を迎えた2020年のF1。レッドブルとアルファタウリにパワーユニット(PU)を供給するホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは初日の走行を終え、大きな問題なくスムーズな1日だったと語った。

 新型コロナウイルスの影響で、開幕が遅れに遅れた今季のF1。レッドブルのホームであるオーストリアGPでようやくシーズンが動き出した。

「いよいよ待ちわびていたオーストリアGPが始まりました。ライバルのマシンとともに我々のマシンがサーキットを走る姿を見られることを素直にうれしく思っています」

 田辺TDは、そうホンダのプレスリリースにコメントを寄せた。

 シーズン再開にあたって、F1では各員のマスク着用や、チーム間の接触を避けるなど、多くの新型コロナウイルス感染拡大対策がとられている。田辺TDは、無観客開催でファンがいないのは寂しいと語った。

「今回レースを開催するにあたってパドック内の行動には多くの制約があります。2チームに分かれる我々のメンバーが直接コンタクトできないなどやや不便な部分もありますが、普段と変わらずマシンを少しでも速く走らせるために作業を進めています」

「また、サーキットには今までとは大きく異なる光景が広がっています。グランドスタンドをはじめ、全くファンの皆さんの姿がないのはとても寂しく感じます」

 肝心の走行では、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがFP1で3番手、FP2で8番手となったのがホンダPU勢最上位だった。PUは一日を通して順調に機能したとのことで、2日目以降に向けてさらなる戦闘力向上を目指していくと、田辺TDは意気込んだ。

「今日のセッションはPUサイドとしては4台ともに大きな問題なくスムーズな一日でした。さらにセットアップを煮詰め、予選と決勝に臨みたいと思います」

Read Also:

FIA、レッドブルの抗議を却下。メルセデスのDASはステアリングの一部と判断

前の記事

FIA、レッドブルの抗議を却下。メルセデスのDASはステアリングの一部と判断

次の記事

「感触は良い。伸びしろがある」13番手アルボン、初日評価は“まずまず”

「感触は良い。伸びしろがある」13番手アルボン、初日評価は“まずまず”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
チーム レッドブル・ホンダ , アルファタウリ・ホンダ