ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

【F1メカ解説】オーストリアGPピットレーン直送便:22年新マシンにリソース集中も、各チームアップデート投入

レッドブルリンクでのF1”2連戦”。その2戦目となるオーストリアGPの木曜日に、ピットレーンで撮影されたマシンのディテール写真を一挙公開。

【F1メカ解説】オーストリアGPピットレーン直送便:22年新マシンにリソース集中も、各チームアップデート投入

写真左右の矢印をクリックすると、別の写真をご覧いただけます。

レッドブルRB16Bリヤビュー
レッドブルRB16Bリヤビュー
1/31

写真:: Uncredited

縁が鋸のようなギザギザの形状になった新しいディフューザー、リヤウイングのステーと一体に構成された排気管およびウェイストゲートパイプ、低ドラッグ仕様の両端が持ち上がったリヤウイングメインプレーンなどを一度に確認できる。
メルセデスW12リヤブレーキドラム
メルセデスW12リヤブレーキドラム
2/31

写真:: Uncredited

メルセデスW12のリヤブレーキドラムは、上半分にスリットが開けられている。これにより、リヤタイヤの温度を管理するのに役立てているのだろう。
アストンマーチンAMR21
アストンマーチンAMR21
3/31

写真:: Giorgio Piola

アストンマーチンは、サイドポンツーン上の空気の流れを改善しようとしているようだ。このサイドポンツーンの前に取り付けられているウイングには、ふたつのボーテックス・ジェネレータ(矢印の部分。空気の渦を発生させる装置)が追加された。
アストンマーチンAMR21
アストンマーチンAMR21
4/31

写真:: Giorgio Piola

アストンマーチンAMR21を別角度から。サイドポンツーン前のウイングに取り付けられたボーテックス・ジェネレータは、外向きに取り付けられているのが分かる。
レッドブルRB16B リヤエンドのディテール
レッドブルRB16B リヤエンドのディテール
5/31

写真:: Uncredited

4重のようになっているレッドブルRB16Bのディフューザー。そのうち内側から2番目と3番目のエレメントの外側には、びっしりと鋸のようなギザギザが付けられている。このディフューザーは先日行なわれたシュタイアーマルクGPの際にひとつだけ用意され、マックス・フェルスタッペンのマシンに取り付けられた。
レッドブルRB16Bリヤエンドのディテール
レッドブルRB16Bリヤエンドのディテール
6/31

写真:: Uncredited

ディフューザーの中央部、リヤのクラッシャブルストラクチャーの下には、小さなフィンが並んでいる。これもボーテックス・ジェネレーターで、他のチームでも多く採用されている。
アストンマーチンAMR21フロントウイング
アストンマーチンAMR21フロントウイング
7/31

写真:: Uncredited

フロントウイングを後方から撮影できた1枚。フロントタイヤ周辺および後方に向け、どのような形で気流を方向づけしているかが想像できる。
アストンマーチンAMR21フロントウイング
アストンマーチンAMR21フロントウイング
8/31

写真:: Uncredited

翼端板の下部に注目していただきたい。アストンマーチンは翼端板の内側にもフットプレートを取り付け、気流を制御しようとしているようだ。
フェラーリSF21フロントウイング
フェラーリSF21フロントウイング
9/31

写真:: Uncredited

こちらの写真では、フェラーリSF21のフロントウイング、その下面を見ることができる。特にノーズ下の形状に注目。ノーズ先端を通った気流をノーズの中心部に寄せようとすべく、ケープ先端の両端部分が、ガイドしている。左右から集められた気流が合流する地点には、Sダクト用の開口部が設けられている。
フェラーリSF21フロア
フェラーリSF21フロア
10/31

写真:: Uncredited

フェラーリがオーストリアGPに持ち込んでいる新しいフロア。その中腹には逆L字型のフィンが3つ取り付けられている。これは、今後のレースに向けたセットアップを評価するためのモノだろう。
メルセデスW12フロントブレーキ
メルセデスW12フロントブレーキ
11/31

写真:: Uncredited

ドラムカバーが取り付けられる前のメルセデスW12のフロントブレーキ。ブレーキダクトから取り入れた空気が、どのように各所に導かれているか、そのパイプ構成がよく分かる。
レッドブルRB16Bフロントブレーキドラム
レッドブルRB16Bフロントブレーキドラム
12/31

写真:: Uncredited

レッドブルのフロントブレーキ。白く塗られた部分は他よりも外周が短くなっており、その隙間からホイールリムの内側に向けて空気を噴き出している。
フェラーリSF21バージボードエリア
フェラーリSF21バージボードエリア
13/31

写真:: Uncredited

フェラーリSF21のバージボードの集合と、サイドポッド・ディフレクター。実に複雑な構成となっており、サイドポンツーン内部やその側面に流す気流を、それぞれ制御している。
フェラーリSF21バージボード
フェラーリSF21バージボード
14/31

写真:: Uncredited

そのフェラーリSF21のバージボードのフットプレートには、小さなフィンが無数に立てられている。
フェラーリSF21バージボード
フェラーリSF21バージボード
15/31

写真:: Uncredited

フェラーリのバージボードには、垂直方向のブーメラン状のフィンが2枚存在。それが車体の両端部分で直角に折れ曲がり、ボックス形状を形成している。なおそのブーメラン状のウイングの後側のエレメントはさらに後方に伸び、ブラインドカーテンのようなディフレクターの一部を構成している。
アルピーヌA521ディフューザー
アルピーヌA521ディフューザー
16/31

写真:: Uncredited

非常に細かく成形された、アルピーヌA521のディフューザー端と、リヤウイング翼端板から吊り下げられたストレーキを観察できる。
メルセデスW12リヤウイング
メルセデスW12リヤウイング
17/31

写真:: Uncredited

メルセデスがオーストリアGPに持ち込んでいるリヤウイングとTウイング。リヤウイングは中央部分が少し上方に跳ね上げられており、空気抵抗を若干減らした仕様であることが想像できる。
メルセデスW12フロントウイング翼端板
メルセデスW12フロントウイング翼端板
18/31

写真:: Uncredited

フロントウイング翼端板には、下方に気流を向けるためのカナードが取り付けられている。なおこのカナードにはスリットが入っていて、翼端板内部に作業を加える際に、半分が取り外せるようになっている。この翼端板には、赤外線カメラの機構が内蔵されているのだ。
アストンマーチンAMR21ノーズ背面
アストンマーチンAMR21ノーズ背面
19/31

写真:: Uncredited

アストンマーチンのノーズコーンを後方から。その下部の後端は、あたかも船の後部のような形でキールが存在している。
アストンマーチンAMR21リヤウイング翼端板
アストンマーチンAMR21リヤウイング翼端板
20/31

写真:: Uncredited

アストンマーチンAMR21のリヤウイング翼端板。メルセデスが採用するものによく似た機構が多く存在する。ただ、気流を上方に向けるためのストレーキが多数存在しているのが興味深い。
レッドブルRB16Bリヤウイング翼端板
レッドブルRB16Bリヤウイング翼端板
21/31

写真:: Uncredited

フランスGPではシンプルな形状のリヤウイング翼端板を投入したレッドブル。しかしレッドブルリンクには、またしても複雑な形状になった翼端板を持ち込んでいる。
アルファタウリAT02エンジンカウル内
アルファタウリAT02エンジンカウル内
22/31

写真:: Giorgio Piola

サイドポンツーンのカバー、そしてエンジンカウルのカバーが外されたアルファタウリAT02。パワーユニット上部、そしてサイドポンツーンの内部にラジエターが配置されているのを確認できる。
フェラーリSF21フロントブレーキダクト
フェラーリSF21フロントブレーキダクト
23/31

写真:: Giorgio Piola

フェラーリのフロントブレーキドラムは、非常に複雑な形状をしている。これによりドラムとホイールリムの間に空洞を生み出し、これによってタイヤの温度管理、そして空力効果向上に寄与するようになっている。その気流を制御するため、いくつかのストレーキが設けられているのも分かる。
メルセデスW12のケープ
メルセデスW12のケープ
24/31

写真:: Uncredited

メルセデスW12のサイドビュー。ノーズ下に注目。ケープの後端がどのような形状になっているかを確認できる。
レッドブルRB16Bリヤウイング
レッドブルRB16Bリヤウイング
25/31

写真:: Uncredited

レッドブルRB16Bのリヤウイング。実に肉太なステーと、それに取り付けられたDRSポッドを観察できる。
レッドブルRB16B フロア上のフィン
レッドブルRB16B フロア上のフィン
26/31

写真:: Uncredited

レッドブルはフロアの端に前後方向に長いフィンが取り付けられ、それらは金具で固定されている。またその前半分には5枚の外向きの逆L字のフィンも取り付けられ、フロアとサイドポンツーンの間を流れる気流を制御している。
レッドブルRB16Bバージボードエリア
レッドブルRB16Bバージボードエリア
27/31

写真:: Uncredited

レッドブルRB16Bのバージボードとサイドポンツーン・ディフレクター。レッドブルも地面と水平のブーメラン状のウイングが存在するが、その後方には細かいフィンがびっしりと並んでいるのが分かる。
メルセデスW12フロア
メルセデスW12フロア
28/31

写真:: Uncredited

メルセデスは、フロアのディフレクター直後の部分の形状に波型を採用している。
メルセデスW12フロア
メルセデスW12フロア
29/31

写真:: Uncredited

メルセデスは、フロアのリヤタイヤ直前の位置に、4枚のフィンを立て、それを地面と水平の板状のパーツで繋いでいる。
アルピーヌA521 2種類のフロントウイング
アルピーヌA521 2種類のフロントウイング
30/31

写真:: Uncredited

アルピーヌがオーストリアGPに持ち込んだ2種類のフロントウイング。フラップの形状が上下で異なっているのが分かる。
フェラーリSF21 コクピット前方のフィン
フェラーリSF21 コクピット前方のフィン
31/31

写真:: Uncredited

フェラーリSF21のコクピット前、フロントサスペンション取り付け部の上方に取り付けられている4枚のフィン。ノーズの形状に応じて、高さが変えられているのが分かる、これはフェラーリがシーズン序盤から使っているモノ。オンボードカメラで見るとあたかもカニのように見えるが、横からでは全くカニには見えない。
 

Read Also:

シェア
コメント
F1オーストリアFP1:フェルスタッペン首位発進で連勝の勢いを維持。角田裕毅も5番手
前の記事

F1オーストリアFP1:フェルスタッペン首位発進で連勝の勢いを維持。角田裕毅も5番手

次の記事

F1オーストリアFP2速報:ハミルトンがトップタイム。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は6番手

F1オーストリアFP2速報:ハミルトンがトップタイム。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は6番手
コメントを読み込む