F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
21 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
35 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
63 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
70 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
84 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
98 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
105 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
119 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
126 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
140 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
154 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
189 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
203 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
210 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
224 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
238 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
245 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
259 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
273 days

2019年に活躍したトップドライバー50選。日本人はふたりがランクイン

シェア
コメント
2019年に活躍したトップドライバー50選。日本人はふたりがランクイン
2019/12/23 9:13

英国Autosportが2019年に活躍した50人のドライバーをランキング形式で紹介。日本人ドライバーからは、山本尚貴が42位、山下健太が46位にランクインした。

 motorsport.comの姉妹媒体である英国Autosportは『2019年のトップドライバー50選』と題し、2019年に活躍したドライバーをランク付け。その内の上位50人をピックアップした。

 1位となったのは、2019年のF1シーズンで11勝を挙げてチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン。2位にはレッドブル・ホンダに3度の優勝をもたらしたマックス・フェルスタッペンが入った。

 3位には、WRCに“帝王”として君臨していたセバスチャン・オジェの連覇をストップさせたトヨタのオット・タナク。4位からはまたF1ドライバーに戻り、フェラーリ1年目で印象的な速さを見せたシャルル・ルクレール、5位にはF1の中団チームのドライバーで最多となる96ポイントを稼いだカルロス・サインツJr.が続いた。

 6位はインディカー・シリーズで最終戦までタイトルを争ったアレクサンダー・ロッシ、7位にタナクとタイトルを争ったオジェ、8位にDTM王者レネ・ラスト、9位はWECでトヨタを駆るマイク・コンウェイ、そして10位はフォーミュラEを連覇したジャン-エリック・ベルニュというトップ10となった。

 日本のスーパーフォーミュラでチャンピオンに輝き、スーパーGTでもタイトルを争ったニック・キャシディは30位にランクイン。そのスーパーフォーミュラで、ルーキーながらキャシディと最後まで王座を争ったアレックス・パロウは41位に入った。

 日本人ドライバーでは、山本尚貴の42位が最上位。山本は2019年、スーパーフォーミュラでキャシディ、パロウと三つ巴のタイトル争いを繰り広げ、F1日本GPではトロロッソ・ホンダのマシンを駆ってフリー走行1回目に出走した。

 山本と共に日本人でランクインを果たしたのは、山下健太。スーパーGTのGT500クラスでチャンピオンを獲得し、スーパーフォーミュラでは初優勝。そしてWECのLMP2クラスでも存在感のある走りを見せており、46位となった。

 このトップ50の顔ぶれについては様々なご意見・ご感想がお有りだろう……motorsport.com日本版では、2019年のベストドライバー、レースなどをTwitterのハッシュタグ『#MSCjp』で募集している。こちらでぜひ、あなたの考える“1番”をお寄せいただきたい。企画詳細はこちらの記事にて。

■英国Autosportが選ぶ2019年のトップドライバー50選 ※()は主な参戦カテゴリー

1.ルイス・ハミルトン(F1)
2.マックス・フェルスタッペン(F1)
3.オット・タナク(WRC)
4.シャルル・ルクレール(F1)
5.カルロス・サインツJr.(F1)
6.アレクサンダー・ロッシ(インディカー)
7.セバスチャン・オジェ(WRC)
8.レネ・ラスト(DTM)
9.マイク・コンウェイ(WEC)
10.ジャン-エリック・ベルニュ(フォーミュラE)
11.ティエリー・ヌービル(WRC)
12.バルテリ・ボッタス(F1)
13.ジョセフ・ニューガーデン(インディカー)
14.スコット・マクローリン(豪スーパーカー)
15.ダニエル・リカルド(F1)
16.セバスチャン・ブエミ(WEC、フォーミュラE)
17.ニック・デ・フリーズ(FIA F2、WEC)
18.セルジオ・ペレス(F1)
19.フェルナンド・アロンソ(WEC)
20.ジョージ・ラッセル(F1)
21.マルコ・ヴィットマン(DTM)
22.スコット・ディクソン(インディカー)
23.ランド・ノリス(F1)
24.セバスチャン・ベッテル(F1)
25.アレクサンダー・アルボン(F1)
26.ケビン・エストレ(WEC)
27.カイル・ブッシュ(NASCAR)
28.ウィル・パワー(インディカー)
29.シモン・パジェノー(インディカー)
30.ニック・キャシディ(スーパーフォーミュラ、スーパーGT)
31.ニコ・ヒュルケンベルグ(F1)
32.マーティン・トゥルーエクスJr.(NASCAR)
33.ニコ・ミュラー(DTM)
34.コルトン・ハータ(インディカー)
35.ローレンス・バンスール(IMSA)
36.ミッチ・エバンス(フォーミュラE)
37.キミ・ライコネン(F1)
38.デニー・ハムリン(NASCAR)
39.ティミー・ハンセン(WRX)
40.アンドレアス・バックラッド(WRX)
41.アレックス・パロウ(スーパーフォーミュラ、スーパーGT)
42.山本尚貴(スーパーフォーミュラ、スーパーGT)
43.コリン・ターキントン(BTCC)
44.ノルベルト・ミケリス(WTCR)
45.ロバート・シュバルツマン(FIA F3)
46.山下健太(スーパーフォーミュラ、スーパーGT、WEC)
47.ケヴィン・ハーヴィック(NASCAR)
48.エステバン・グエリエリ(WTCR)
49.デーン・キャメロン(IMSA)
50.ピエール・ガスリー(F1)

Read Also:

次の記事
盛り上がり見せるフォーミュラE……F1の完全電動化は実現する?

前の記事

盛り上がり見せるフォーミュラE……F1の完全電動化は実現する?

次の記事

これでエースは決まり? フェラーリ、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長

これでエースは決まり? フェラーリ、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , スーパーGT , スーパーフォーミュラ
ドライバー 山下 健太 , 山本 尚貴