F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

ペレス、5度目の3位獲得に「ポディウムに乗れたのは”偶然”ではない」

セルジオ・ペレスは、アゼルバイジャンGPで表彰台を獲得できたのは偶然ではなかったと話した。

ペレス、5度目の3位獲得に「ポディウムに乗れたのは”偶然”ではない」
Sergio Perez, Force India VJM11
Sergio Perez, Force India VJM11 Mercedes, Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18 Ferrari
Sergio Perez, Force India VJM11
Sergio Perez, Force India celebrates on the podium
Sergio Perez, Force India VJM11
Third place Sergio Perez, Force India celebrates on the podium with the champagne
Sergio Perez, Force India VJM11
Sergio Perez, Force India celebrates on the podium

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、アゼルバイジャンGPで表彰台を獲得できたのは偶然ではなかったと考えている。

 決勝レース序盤に他車との接触によって15番手まで順位を落としたペレスだったが、その後ポジションを取り戻し、2度目のセーフティカー解除後にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を追い抜くなどの活躍を見せ、最終的には3位でレースを終えた。彼が2014年にフォースインディアに加入して以来、3位を獲得するのはこれで5回目である。

「レースではたくさんのことが起きたので、偶然の結果かもしれない」とペレスは話した。

「だけど、僕たちが与えられたものを全て受け入れたためにここにいるというのは偶然ではない」

「正直なところ、僕たちはここ(上位)ではバトルをしていない。中団でバトルをして、最終的にポディウムに乗ってポイントもたくさん獲得した。それに、僕たちの前を行くルノーとのギャップを縮めることもできた」

「僕らは間違いなく4番手のチームだった」

 昨年、ペレスとチームメイトのエステバン・オコンはバクーで同士討ちを演じてしまった。しかしフォースインディアのCOOであるオットマー・サフナウアーは、今回の結果によって昨シーズンの結果を補うことができたと語った。

 彼はmotorsport.comに対し、「今回の結果は、昨年のレース結果を補うことができた」と述べた。

「(2017年は)2台ともポディウムに上がれるペースはあった。しかしクラッシュによって、それも台無しになってしまった。そして今日(日曜日)は、2台ともオープニングラップでインシデントに巻き込まれてしまった」

「エステバンはそこでレース終了だった。しかしもう一方(ペレス)は、フロントウイングのエンドプレートが完全に破損してしまって、さらにディフューザーにもダメージがあった。だから(ペレスに)ピットインをさせて、フロントウイングを交換したのだ」

 さらにサフナウアーは、チャンスをものにしたペレスの実力を称賛した。

「彼は本当に素晴らしかった。(ウイリアムズのランス)ストロールへのオーバーテイクも最高だったと思う。彼ら(ウイリアムズ)は我々と同じパワートレインを使用しているので、アドバンテージはなかった」

「したがって、彼はブレーキングをかなり遅らせたのだ。それでも彼は素晴らしい仕事をこなした。あまりにブレーキングを遅らせていたので、私は彼のタイヤがロックアップしてしまうのではないかと思っていた。だが彼はそれもせず、(ストロールを)追い抜いた後は背後を振り返ることはなかった。彼は(ロマン)グロージャンの事も簡単にパスした。彼は本当に素晴らしかった」

「(バルテリ)ボッタスもトラブルを抱えていたが、我々はベッテルを捉えなければならなかった。彼のタイヤにはフラットスポットができていたと思うが、最終的にはチェコ(ペレスの愛称)のラップタイムはトラック上の誰よりも速かったのではないかと思う。彼はこの順位でレースを終えるに値していた」

 またチームの副代表を務めるボブ・ファーンリーは、チーム全体がペレスの表彰台獲得に貢献していたと語った。

「信じられないほど素晴らしいチームの努力を見ただろう。ピットストップだけではない。ピットウォールのスタッフも素晴らしかった。落ち着いて最後まで彼のために仕事をしていた。最後の数周は静かではなかったが、それでも申し分なかった」

シェア
コメント
ルノーワークス復帰後最高位のサインツJr.「まだやるべきことがある」

前の記事

ルノーワークス復帰後最高位のサインツJr.「まだやるべきことがある」

次の記事

マイアミGPのレイアウト案が初公開。橋を渡るバクー似のコースに

マイアミGPのレイアウト案が初公開。橋を渡るバクー似のコースに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フォースインディア
執筆者 Adam Cooper