ライコネン、”フルスピード”で壁に接触も表彰台「完走できて幸運だった」

シェア
コメント
ライコネン、”フルスピード”で壁に接触も表彰台「完走できて幸運だった」
執筆:
2018/04/30 6:49

ライコネンは、レース終盤にフルスピードでウォールに接触するもレースを走りきることができて幸運だったと語った。

Kimi Raikkonen, Ferrari and grid kids on the drivers parade
Kimi Raikkonen, Ferrari celebrates on the podium
Podium: race winner Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1, second place Kimi Raikkonen, Ferrari, third place Sergio Perez, Force India
Kimi Raikkonen, Ferrari, 2nd position, in the Press Conference
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H sparks
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Kimi Raikkonen, Ferrari on the drivers parade
Kimi Raikkonen, Ferrari

 フェラーリのキミ・ライコネンは、アゼルバイジャンGPの決勝レース終盤にフルスピードでウォールに接触してしまったが、それでもレースを完走することができてラッキーだったと述べた。

 オープニングラップでエステバン・オコン(フォースインディア)と接触したライコネンだったが、波乱のレースを生き残り、2位を獲得した。しかしレースが残り3周となったところで、ライコネンは最終コーナーでウォールに接触しており、スタート/フィニッシュラインで何かアクシデントを起こすかもしれないと考えていたという。

「(2度目の)リスタート後の最初のラップで、ストレートの最後にある小さなキンクの上を通ってしまい、フルスピードでウォールにぶつかった」とライコネン話した。

「フロントホイールがダメになってしまうこともなくて、とても幸運だった。かなりの速さでクラッシュすると思っていたけど、ラッキーだった」

 またライコネンは、レースのスタート前にグリッドに向かう際にもウォールに接触しかけていたという。

「もっとウォールに近づいてしまった瞬間もあった」

「僕たちはほとんど限界だった。とても難しい状況で、楽しむことはできなかった。とても良いラップもあったし、ウォールにぶつからないようにしなければいけないラップもあった」

「気持ちはあまり安定しなかったが、”OK、できるだけ速く走ろう。だけど少し安全に行く必要がある”と考えていた」

「おそらく今日は僕たちの思う方向に物事が進んでいた。上位で何が起きようと、多くの場合は自分の問題だった」

「レッドブルについては、お互いに接近していればあのようなことが起こると思っていた」

「このようなレースでも、僕たちはトラブルには巻き込まれなかった。昨年のここでのレースを考えると、今年はそれを帳消しにできそうだ」

 一方、オコンはオープニングラップでの接触についてライコネンを非難していたが、ライコネン自身は、自分との距離がどの程度あったのかをオコンが見ていなかったのだと考えている。

「僕はコーナーのイン側にいた。彼が僕のことを見ていたかどうかは知らないけど、彼はイン側に入ってきた」

「そして彼と接触した。僕は彼の隣にいたのだし、彼は僕がそこにいたというのをわかっていたはずだ」

「僕たちはフロントウイングとタイヤをダメにしてしまったので、(その後ピットに入って)僕はフロントウイングを交換した。だけどそれ以外のダメージは確認していなかった。マシンは大丈夫そうだったし、タイヤには苦労したけど、大きなダメージはないとわかったんだ」

次の記事
ハミルトン、表彰式遅刻はリタイア喫したボッタスを「称えていたから」

前の記事

ハミルトン、表彰式遅刻はリタイア喫したボッタスを「称えていたから」

次の記事

シロトキン、2度の接触の責任を問われ次戦3グリッド降格が決定

シロトキン、2度の接触の責任を問われ次戦3グリッド降格が決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アゼルバイジャンGP
ロケーション Baku City Circuit
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Glenn Freeman
まずは最新ニュースを読む