F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

F1バーレーンGP、チケット販売を一時停止。コロナウイルス流行の状況を見守る

シェア
コメント
F1バーレーンGP、チケット販売を一時停止。コロナウイルス流行の状況を見守る
執筆:
2020/03/06 2:16

F1バーレーンGP主催者は、コロナウイルス流行の状況について評価している間、チケット販売を停止している。

 2020年のF1第2戦として、3月20〜22日に開催が予定されているバーレーンGPだが、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大している中で、状況を評価するためチケット販売を一時的に停止している。

 バーレーン・インターナショナル・サーキット(BIC)の出した声明では、状況が許せば後日、より多くのチケットが販売されるとしている。また、観客人数を減らす必要が生じた場合には、払い戻しを行う用意もあるという。

 サーキットの広報担当は、チケットの何パーセントがすでに販売されているか、コメントすることを拒否した。

 サーキット側は、”安全で刺激的”なイベントを実施したいと思っており、政府機関と協力してウイルスの拡散を抑止したいとしている。

「COVID-19(新型コロナウイルス)の世界的なアウトブレイクが継続していることを踏まえ、BICは適切な社会的距離に関するガイドラインを確実に守るため、グランプリのチケット販売を段階的に停止することを発表した」

 BICはそう声明で述べた。

「さらなる事実が明らかになり次第、F1経営陣や保健当局と緊密に連絡を取り、さらにチケットを販売・発行するのか、払い戻しをするのか、状況を評価していく」

 また、グランプリ開催時には医療設備を追加する予定だという。

「すべての観客やチームおよびサーキットスタッフの安全を確保するため、グランプリ開催に先んじて、多くの公衆衛生対策や予防措置が導入された」

「入場時のスクリーニング手順やサーキットの医療施設、衛生設備を強化し、手洗いステーションやファンへの情報提供ポイントを追加した。COVID-19の疑いがある症例を管理するための医療プロトコルも強化されている」

 バーレーンは入国までの2週間以内にコロナウイルスの影響を受けている国に滞在した旅行者に対して入国制限を課したことで、バーレーンGP開催が疑問視されるようになった。制限がかかる国のリストには、日本やイタリアも含まれている。

 また、バーレーンはドバイ経由での入国も規制している。エミレーツ航空を利用し、F1開幕戦が行われるオーストラリアからドバイ経由でバーレーンへ向かうルートを使っているF1関係者は多く、人員の移動という意味で大きな影響が生じるだろう。

 今週初め、BICはF1や政府と協力し、移動に関する問題を最小限に抑えると述べている。

 

Read Also:

次の記事
環境対策は必須……ホンダF1の将来はどうなる?:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く1

前の記事

環境対策は必須……ホンダF1の将来はどうなる?:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く1

次の記事

フェラーリPUの合法性、FIAは100%の納得はできず。論争長期化を懸念し和解

フェラーリPUの合法性、FIAは100%の納得はできず。論争長期化を懸念し和解
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
執筆者 Adam Cooper