F1第2戦バーレーンGP、第3戦ベトナムGPが延期に。開幕戦中止に続き

2020年F1世界選手権の第2戦と第3戦に予定されていたバーレーンGPとベトナムGPは、新型コロナウイルスの影響を考慮して延期されることとなった。

F1第2戦バーレーンGP、第3戦ベトナムGPが延期に。開幕戦中止に続き

 3月13日(金)、2020年シーズン開幕戦であるオーストラリアGPのキャンセルを土壇場で発表したF1。同日夜には、続く第2戦バーレーンGPと第3戦ベトナムGPも延期という対応をとることを発表した。

 オーストラリアGPの会場であるメルボルンでは、マクラーレンのチームスタッフひとりが新型コロナウイルスに感染。事態を重く見たF1は、レースを中止するという苦渋の決断を下した。その発表に続き、直近のレースに関してもすぐさま対応した形だ。

 3月22日に迫っていたバーレーンGPは先日、無観客での開催を発表したばかりであったが、結局は延期に。4月5日に予定されていたベトナムGPも、記念すべき初のF1レースがスケジュール通り開催できないという事態となった。

 なお、具体的な代替日程は発表されておらず、F1は「状況を注視しながら、各GPの代替日程を検討するために適切な時間をかける」と述べるにとどめた。

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは次のように語った。

「COVID-19(新型コロナウイルス )に関する状況は流動的で非常に予測が難しく、それを評価して適切な決定を下すためには時間をかける必要がある」

「我々はF1に関わる全ての人たちとファンの安全を確保するために、FIAやプロモーターたちと今回のような決断を下すことに決めた」

 そしてFIA会長であるジャン・トッドは次のようにコメントした。

「F1、バーレーン自動車連盟、ベトナム自動車協会、および地元のプロモーターと共に協議した結果、バーレーンGPとベトナムGPを延期することが現在の唯一の選択肢であるという結論に至った」

「我々は引き続き、世界保健機関(WHO)や政府からのアドバイスに従う予定であり、ファンや競技者、全てのモータースポーツコミュニティを守るために、彼らと協力していく」

 これにより、現時点ではオランダGPがシーズン最初のレースということになるが、F1はヨーロッパで新型コロナウイルスが爆発的に流行していることを鑑み、定期的にその開催可否について評価していくようだ。

 それはその後に控えるスペイン、モナコでのレースも同じ状況にあると言える。つまり既報のように、2020年シーズンのF1開幕は6月のアゼルバイジャンGPまでずれ込む可能性がある。

 

Read Also:

シェア
コメント
終わりの見えない新型コロナウイルスの感染拡大……2020年のF1開幕は6月に?

前の記事

終わりの見えない新型コロナウイルスの感染拡大……2020年のF1開幕は6月に?

次の記事

”失われたレース”を、F1開催カレンダーに戻す方法はあるのか?

”失われたレース”を、F1開催カレンダーに戻す方法はあるのか?
コメントを読み込む