F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
FP3 まで
06 時間
:
59
:
14
14 8月
次のセッションまで……
5 days
28 8月
次のセッションまで……
19 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
26 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
33 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
47 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
61 days
23 10月
次のセッションまで……
75 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
83 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

使用禁止になった”画期的”デバイス3:抜群の安定感を実現させた『マスダンパー』

シェア
コメント
使用禁止になった”画期的”デバイス3:抜群の安定感を実現させた『マスダンパー』
執筆:
協力: Giorgio Piola, Featured writer
2020/05/06 3:02

2000年代中盤に成功を収めたルノーF1チームだが、その成功の一因となったのが『マスダンパー』という秘密兵器。FIAによって禁止されるまで、他のチームもこぞって追随した。

 ルノーは2006年シーズン、R26に『マスダンパー 』と呼ばれるデバイスを導入した。これは非常に効果的に機能し、ルノーが2年連続のダブルタイトルを獲得する原動力となった。

 ルノーは効果的にダウンフォースを発生させるため、フロントウイングをできるだけ地面に近付けようとしていた。そのため、フロントスプリングはかなり硬く設定する必要があった。

 しかしながら、これらはチームが空力のパフォーマンスを追求するにあたって悩みの種となるものだった。スプリングを硬くしてしまうと、マシンが縁石やバンプに乗った際に跳ねてしまう。これを打ち消す方法を見つけるため、様々な試みを行なった。その結果生まれたのがマスダンパーだった。

 この時代のマシンは、現在のマシンと比較して最低重量制限をクリアすることが比較的容易であったため、足りない重量をバラストを積むことで調整……特にフロントに荷重を寄せていた。よってルノーがマスダンパーを追加で取り付けることも、それほど難しいことではなかったのだ。

 重りとバネからなるマスダンパーは、ノーズコーンの中に吊り下げられており、マシンにかかる縦方向の力に応じて作用した。これにより、マシンが跳ねたり沈んだりした際にもマシンの重心やダウンフォース量が変化しにくいようにしたのだ。

 バラストは通常、マシンの最も低い場所に搭載されるため、マスダンパーの搭載場所は欠点のひとつと見られていたが、一方でテストの結果ではラップタイムの向上が見込まれることが既に確認されていた。チームは2005年頃からマスダンパーの開発に取り掛かり、2006年シーズンからマシンに搭載した。

 ルノーのマシンはマスダンパーを搭載したことにより、縁石をより攻撃的に使うことが可能となり、より安定したドライビングが可能となった。特に2006年マシン『R26』はマスダンパーの利点が最大限活かされており、フェルナンド・アロンソは開幕から9戦連続で1位ないし2位でフィニッシュするなど、安定感のある走りを見せた。

 この時代のF1ではブリヂストンとミシュランによるタイヤ戦争が勃発しており、ルノーはミシュランタイヤユーザーであったが、それはさらに好都合だった。ミシュランタイヤはマスダンパーの動作により適した構造にあったのだ。

Renault R26 2006 exploded overview

Renault R26 2006 exploded overview

Photo by: Giorgio Piola

 ルノーはマシン後部にもマスダンパーを追加するなど、このデバイスをさらに充実させた。マスダンパーはルノーが最初に導入したものと考えられているが、ライバルチームたちもすぐそれに追随した。これにより開発競争が勃発し、デバイスはますます複雑化していった。

 そんな中、FIAは2006年シーズン途中に、マスダンパーが『可動式空力デバイス』にあたるとして、使用を禁止した。同年はフェラーリとミハエル・シューマッハーの追い上げにも屈せずダブルタイトルを獲得したルノーだったが、翌2007年シーズンはアロンソの離脱もあり、タイトルコンテンダーから脱落してしまった。

 

Read Also:

鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎ、臨時休業を当面延長

前の記事

鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎ、臨時休業を当面延長

次の記事

7月開幕を目指す2020年のF1。2日ごとに新型コロナウイルス検査を義務付けへ

7月開幕を目指す2020年のF1。2日ごとに新型コロナウイルス検査を義務付けへ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Matt Somerfield