F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

カタルニア・サーキット、スペインGPの開催継続に意欲「日程変更は問題ない」

シェア
コメント
カタルニア・サーキット、スペインGPの開催継続に意欲「日程変更は問題ない」
執筆:
協力: Jacobo Vega, Featured writer
2019/05/12 11:55

スペインGPを開催しているカタルニア・サーキットのヴィセンス・アギレラ会長は、来季以降のグランプリ開催に意欲を示した。

 今季を最後にスペインGPがカレンダーから外れるのではないかという噂が流れる中で、カタルニア・サーキットのヴィセンス・アギレラ会長は来季以降のグランプリ開催契約延長に前向きな姿勢を見せた。

 2019年限りで開催契約が切れるスペインGP。近年はヨーロッパラウンドの初戦として”第2の開幕戦”と呼ばれることも多かったが、F1オーナーのリバティ・メディアが2020年にカレンダーに復帰する予定のオランダGPをヨーロッパでの初戦にする意向を示したことから、スペインGPの開催継続が危ういのではないかという議論が活発化した。

 アギレラは、F1側とまだ何も合意はないとしながらも、開催契約の延長は可能だと見込んでいるようだ。

「我々は契約を更新するプロセスを進めており、まだ議論する時間も残っている」と、アギレラはmotorsport.comに語った。

「その過程で、今回グランプリが開催されたのは偶然だった。だから、今週末以降もレースの将来について話し合いは続く。全てをまとめるのは容易なことではないが、プロセスは進行中だ」

「時間を有効に使わなくてはいけない。期限は設けていないが、夏までには解決しなくてはいけない」

「契約を結ぶためにさらに時間が必要ならば、それを受け入れる。目標は両当事者にとって合理的な合意を得ることだ。我々が十分に賢明ならば、解決策は見つけられるはずだ」

 アギレラは、開催日程について考えるのは契約が大筋合意に至ってからだと述べた。

「まず、契約の合意を終えなければいけない。それがもっとも重要だ」と彼は説明した。

「我々はそれから、日程について議論しなければいけない。それは議論の第2段階だ」

「まずもっとも重要なのは、契約を整えることだ。新しい契約にサインした後に、開催日程について議論できることを願っている。もしそれを変える必要があるなら、何が起こるか見てみよう。我々には5月開催という伝統があるが、それほど重要なことではない」

次の記事
ジョビナッツィ、ギヤボックス交換により5グリッド降格も予選順位通りのグリッドに

前の記事

ジョビナッツィ、ギヤボックス交換により5グリッド降格も予選順位通りのグリッドに

次の記事

ヒュルケンベルグ、PUの5コンポーネントも交換。今後に向け、使用可能分を”プール”

ヒュルケンベルグ、PUの5コンポーネントも交換。今後に向け、使用可能分を”プール”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
執筆者 Jonathan Noble