Q1敗退サインツJr.、安定しないマシンに苦戦。ピットレーンスタート検討

シェア
コメント
Q1敗退サインツJr.、安定しないマシンに苦戦。ピットレーンスタート検討
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/08/26 4:27

サインツJr.は、予選ではマシンのオーバーステアが酷くて安定性がなく、これまでとはバランスが全く違っていたと話した。

 ベルギーGPの予選を16番手で終えたルノーのカルロス・サインツJr.は、セッション中は安定性のないマシンに苦労させられたと語り、レースに向けてセットアップを大幅に変更してピットレーンからスタートする可能性もあると語った。

 サインツJr.は、予選Q1では酷いマシンバランスに悩まされた。結局Q1の結果は16番手で、Q2に進むことができなかった。なお、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグとバルテリ・ボッタス(メルセデス)がパワーユニット交換によりグリッド降格ペナルティを科され、最後尾からのスタートが決まっているため、サインツJr.は14番グリッドからレースをスタートすることになっている。

 予選を終えたサインツJr.は、チームが問題の原因を解明できていなかったと話した。

「僕らはまだそれがわかっていない」

「予選でドライブしたマシンは、FP3で僕がドライブしたマシンとは違った。FP3の時は、トラック上で10番手か11番手だろうと考えていた」

「予選に向けて楽観的に構えていた。でも最初の6つか7つのコーナーを通過したところで、マシンが予選前のものとは全く違うとわかった。オーバーステアが酷くて、安定性もなくて、毎ラップ何度もスナップした。きちんとしたラップをまとめることが難しかった」

「2回目のアタックでは良くなるだろうと思っていたけれど、実際は酷くなっていった。今はまだこれを分析しているところだ」

 マシンのセットアップを大幅に変更し、ピットレーンからスタートすることをチームは検討しているのかとmotorsport.comが尋ねると、サインツJr.は「おそらく、それも話し合っているだろう。今は調査中だ」と答えた。

 また何かが壊れているのではないのかという質問には、「それも調べている。予選が終わってからまだあまり時間が経っていない中で、それに答えるのはとても難しい」と話した。

「唯一わかっていることは、マシンがこれまでとは全く違ったということだ。こういう状況では、良いラップをまとめるためにQ1でプッシュすることも本当に難しかった」

 また彼は、金曜日に導入した新しいフロアが非常に良く機能していたため、今回の予選結果には特に落ち込んでいた。

「昨日(金曜日)はポジティブだと感じられた。でも今日のマシンバランスでは同じことは言えない。昨日フロアを交換してFP2を走ったのだけど、僕のショートランとロングランのペースを見てみれば、良い結果を見込めるものだとわかるだろう」

「だから今日はフラストレーションを抱えている。昨日も、ソフトタイヤを履いた今朝の走行でもペースはあって、スーパーソフトタイヤで走っている人たちに近いタイムだった。おそらくはタイヤの問題で、僕たちがスーパーソフトタイヤに適切に適応できていなかった。あるいは、マシンの問題だ」

次の F1 ニュース
ハミルトン、オコンの躍進を称え「資金優先の構造は間違っている」

前の記事

ハミルトン、オコンの躍進を称え「資金優先の構造は間違っている」

次の記事

もう1周走れれば……わずか1秒差でPPラップに入れず、悔しがるペレス

もう1周走れれば……わずか1秒差でPPラップに入れず、悔しがるペレス
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース