F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

バトン、山本尚貴を後押し「チャンスがあるのであればF1に乗るべき」

シェア
コメント
バトン、山本尚貴を後押し「チャンスがあるのであればF1に乗るべき」
執筆:
2018/11/27 8:33

ジェンソン・バトンは今季スーパーGTでパートナーを組んだ山本尚貴に対して、チャンスがあるのであればF1に挑戦するべきだと語った。

 今シーズン、スーパーGT(GT500)でシリーズチャンピオンを獲得した#100 RAYBRIG NSX-GTのジェンソン・バトンは、パートナーを組んだ山本尚貴がF1を目指していることに対して、「チャンスがあるのであれあ、ぜひとも挑戦するべきだ」と語った。

 スーパーGTではフル参戦1年目ながら安定した活躍を見せ、特に最終戦では#1 KeePer TOM’S LC500との直接対決を制してシリーズチャンピオンに輝いたバトン。そのパートナーである山本はスーパーフォーミュラと合わせて国内最高峰レース二冠という快挙を達成。さらにスーパーライセンス獲得に必要なライセンスポイントもクリアし、F1に挑戦する扉をこじ開けた。

 山本は先日行われたF1アブダビGPを訪問。改めてF1参戦を目指したいという気持ちを明かした。

 ただ、先週までは空席のままだったトロロッソ・ホンダのシートには、アレクサンダー・アルボンが収まることが決定。山本の来季フル参戦という可能性は潰えてしまったが、それでもバトンはF1に挑戦したいという山本に対し、このようなアドバイスを贈った。

「僕にアドバイスができることがあるとすれば……それは“もしチャンスがあるのであれば、F1に乗るべきだ”ということだ」

「それが、もしレースに参戦するという形でなくても、今置かれている状況(国内最高峰レースでの活躍など)に満足していたとしても、これは本当に挑戦したほうがいいと思う」

「こういった機会はそう簡単に訪れるものではないし、誰にでも訪れる機会ではない。特に今はチャンスを掴むのが難しい状況になってきている。乗るチャンスがあるのではれば、そこに挑戦するべきだ。挑戦して損することは一切ないと思う。それが僕自身の考えだ」

 そこまで山本を後押しをする根拠として、バトンは彼の今シーズンの活躍を挙げた。

「今シーズンはスーパーフォーミュラでそのパフォーマンスを証明したのだから、次はF1というフィールドで発揮するべきだと思う。ガスリーやバンドーンも、ここで活躍して今F1に乗っている。彼らと同じフィールド(スーパーフォーミュラ)でチャンピオンを獲得したナオキ(山本尚貴)は、絶対にF1に挑戦するべきだ」

「さらにナオキはバリエーションに富んだドライビングスキルを持っている。スーパーフォーミュラとスーパーGT、全く異なるタイプのレースでチャンピオンを掴んでいるのが、その証拠だ」

「両カテゴリーともに彼は様々な経験を積んできている。それはきっと彼の将来に役立つはずだ」

 来季のレギュラーシートを掴むチャンスはなくなってしまったが、山本は今後も様々な形でF1に乗るチャンスを探っていく模様。その姿をバトンも応援している様子だった。

次の記事
アブダビF1タイヤテスト開始。ライコネンがザウバーで走行

前の記事

アブダビF1タイヤテスト開始。ライコネンがザウバーで走行

次の記事

フェルスタッペン”社会奉仕”はどうなる?「罰則としてならFIA表彰式に出る」

フェルスタッペン”社会奉仕”はどうなる?「罰則としてならFIA表彰式に出る」
コメントを読み込む