ゲルハルト・ベルガー、フェルスタッペンとハミルトンの激戦を絶賛「これこそF1に必要だった」

元F1ドライバーであり、現在はDTMを率いるゲルハルト・ベルガーは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンが激しいバトルを繰り広げ、接触を繰り返す現状は、まさにF1が必要としていたモノだと語る。

ゲルハルト・ベルガー、フェルスタッペンとハミルトンの激戦を絶賛「これこそF1に必要だった」

 マクラーレンやフェラーリ、そしてベネトンで合計10勝を挙げた元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトンがコース上で激しいバトルを繰り広げ、タイトルを争う今シーズンは、F1が長年必要としていたモノだと語る。

 ハミルトンとフェルスタッペンは、先日行なわれたイタリアGPで接触し、両者揃ってリタイアとなった。今季のタイトルを争うこのふたりがコース上で接触するのはこれが初めてではなく、イギリスGPでも両者が接触し、フェルスタッペンが激しいクラッシュを喫している。

 このふたりの争いについてベルガーは、決してネガティブなことではなく、F1への関心を惹きつけるのに役立っていると考えている。またベルガーは、今季のレッドブルがメルセデスと互角に渡り合っていることも歓迎している。

「既に全てのことが話されているとは思うけどね。私としてはレーシングインシデントだと思う」

 ベルガーがイタリアGPの接触についてそう語った。

 このイタリアGPの接触はフェルスタッペンに非があると判断され、ロシアGPでの3グリッド降格ペナルティが科されている。ベルガーは、フェルスタッペンが別の形で動けば接触は回避できたものの、トップドライバーふたりがまったく引かずにバトルを繰り広げているのは素晴らしいと考えているのだ。

「その接触を回避できたのはどちらなのかということを言うならば、それはマックスの方だろう。それが、彼が3グリッド降格のペナルティを受けた理由だ」

「しかしそれよりもはるかに重要なのは、これがまさにF1が必要としていたモノだということだ。これはレースだ。ふたりの大物が、激しくレースをしている。そして彼らがそれぞれ違うチームのドライバーだというのも、さらに良いことだ」

「もしフェラーリのドライバーが、その争いに3人目の存在として加わっていればどんなことになるか……想像できるだろうか? それを見るために、グランドスタンドは満員になるだろう」

「これは、F1が長年に渡って求めていたことだ。このスポーツにとって、このような激しい頂上バトルが繰り広げられるのは、とても重要だ」

 ベルガー曰く、ハミルトンとフェルスタッペンのどちらが最終的にタイトルを掴み獲るのか……それを予想するのは難しいという。しかしながらフェルスタッペンがチャンピオンに輝いた方が、F1にとっては良いことであると、ベルガーは主張する。

「スポーツには、変化があった方がいいと思う」

 どちらがチャンピオンになると思うかと尋ねられたベルガーは、そう語る。

「しかしそうは言っても、ルイス・ハミルトンが何年にも渡って高いパフォーマンスを維持し続け、ライバルを打ち負かすという本能をもち、そして何年にも渡って自制心を持ち続けていることも素晴らしい」

「そういう意味では、ルイスが史上最高のドライバーになることも望んでいるから、これについて正直に答えるのは本当に難しい」

「ルイスが4年連続でチャンピオンを獲得するのを見てきた。そして今や、マックス・フェルスタッペンがスーパースターであることは誰もが知っている。だから、若いドライバーがチャンピオンになるのを見ることができれば、それは素晴らしいことだ」

 なおハミルトンは、今季チャンピオンを獲得すれば通算8回目となり、これまで自身とミハエル・シューマッハーが持っていた7回というチャンピオン獲得最多記録を更新することになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
マゼピン、軽量シャシーを手に入れ”ペース改善”に自信「平等な立場を得るために戦ってきた」
前の記事

マゼピン、軽量シャシーを手に入れ”ペース改善”に自信「平等な立場を得るために戦ってきた」

次の記事

苦しかった”あの時”があって今がある! ホンダF1田辺TD「苦労しても、そこから何かを学ぶことができる」

苦しかった”あの時”があって今がある! ホンダF1田辺TD「苦労しても、そこから何かを学ぶことができる」
コメントを読み込む