F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

ルクレールにチームオーダーを出すのは、フェラーリとしても難しい決断だった

シェア
コメント
ルクレールにチームオーダーを出すのは、フェラーリとしても難しい決断だった
執筆:
2019/04/19 1:12

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1中国GPでシャルル・ルクレールに対してセバスチャン・ベッテルを先行させるよう指令したのは、「難しいこと」だったと語った。

 先日行われたF1中国GPのスタート時、4番グリッドに並んだシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを先行することになった。しかしレース序盤はタイヤに苦しんでいるように見え、事実ペースも上がらなかった。

 ベッテルはルクレールの後ろに詰まることになってしまった。その結果チームはルクレールに対し、ベッテルを先行させるよう指令を出した。

 開幕戦オーストラリアGPでは、ベッテルを抜かないように指示され、第2戦バーレーンでも同様の指示を受けていたルクレール。彼にいわゆる”チームオーダー”が出されるのは、3戦目にして今季3回目ということになる。

「チームオーダーを出すのは、チームとしては難しいことだ」

 フェラーリのマッティア・ビノット代表はそう語った。

「我々はドライバーたちのことを理解している。彼らはできるだけ前を走るため、戦う必要があるんだ」

「簡単な決断ではなかった。だから、シャルルには感謝しなければならない。彼の立ち振る舞いは、彼が良いチームプレイヤーであることを示している。でも、状況が逆転することもあると思う」

「チームとしては、チームの獲得ポイントを最大にする必要がある。そういう点では、正しい選択をしたと思っている」

 ルクレールはレース直後、順位の入れ替えについてコメントする前に、チームの言い分を聞きたいと語っていた。そしてその”チームの言い分”を聞いたルクレールは、決勝後の夕方遅くに、再びメディアの前に登場し、次のように語っている。

「マシンに乗っているときは、少しイライラしていた。でもその一方で、マシンに乗っている時には、レースの全体像を見ることができないことも分かっていた。だから僕はその指示を受け入れて、実行した。その後は自分のレースに集中したんだ」

 このレースの結果、ベッテルはルクレールを1ポイント先行することになった。しかし、ランキング首位のルイス・ハミルトン(メルセデス)との間には31ポイントの差がある。

 ルクレールは、フェラーリがチームオーダーを発令した理由を理解していると語る。

「それは簡単な状況ではなかった」

 そうルクレールは語った。

「僕は明らかにタイヤに苦しんでいた。僕らふたりともそうだったんだ。そして(チームオーダーが発令された)当時は、セブの方が速いように感じた。でも僕の後ろを数周走ったことで、彼は明らかにタイヤにダメージを負った。僕の前に出た時の彼のタイヤは、明らかにダメージを負っていた」

 なおルクレールは、第2スティントを長く走行することになり、上位勢からは大きく遅れることになった。この行動はメルセデスの1台を故意に抑えることを目的としたモノだったのではないか……そう噂されることもあった。しかし実際には、1ストップでレースを走りきることを目指していたことを、ビノット代表は示唆する。

「その当時、メルセデスに対してタイムを失わないために、我々はできる限りのことをトライしたと思っている。それこそが、我々が手にした唯一のチャンスだった。やってみたが、うまくいかなかった。だからセブにチャンスを与えるのは正しいことだった。チームとしては、できる限りのことをした」

次の記事
ガスリーはRB15にもっと馴染む必要がある……レッドブルF1代表語る

前の記事

ガスリーはRB15にもっと馴染む必要がある……レッドブルF1代表語る

次の記事

もっと良い結果狙えるはず! ライコネン、”トラブルフリー”の週末望む

もっと良い結果狙えるはず! ライコネン、”トラブルフリー”の週末望む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell