F1 アゼルバイジャンGP

新任F1レースディレクターの改善に協力を。F1チームは「建設的なフィードバックをするべきだ」とフェラーリ代表

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1の新任レースディレクターがより一貫性のある裁定を下すためには、F1チームが協力する必要があると考えている。

Eduardo Freitas, Race Director, FIA, Niels Wittich, Race Director, FIA

 フェラーリでチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、新任のF1レースディレクターの改善のためにF1チームが協力していく必要があると語った。

 アブダビで行なわれた2021年の最終戦でタイトル争いに影響を与えたとして、物議を醸したF1のレースディレクション。その後、FIAは当時レースディレクターであったマイケル・マシを更迭し、システムを見直すこととなった。

 2022年からは、F1レースディレクターが新任のニールス・ウィティヒとエドゥアルド・フレイタスによる交代制に。サッカーで言うところのVARに相当するリモート・オペレーションセンターが新設され、より良いサポートを受けてレースに臨んでいる。

 しかし2022年シーズンの前半戦では、チームやドライバーから依然レースコントロールが一貫性を欠いているとして批判を浴びている。

 モナコGPでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がピット出口のホワイトラインを踏んだもののペナルティを免れたことで、当該レギュレーションの文言や適用が議論の的となった。その他にもドライバー同士の接触に対する裁定についてもチームはより高い一貫性を求めている。

 アルファロメオのバルテリ・ボッタスは「レースディレクターはふたりよりもひとりの方が良い」と提案し、ハースのケビン・マグヌッセンは「ルールが何であるかをしっかり理解するのが難しくなった」と語っている。

 アルファタウリの角田裕毅は、さらに一歩踏み込んでこう語っていた。

「FIAを信用できないですよ。いつも、裁定に一貫性がないと思います。僕はモナコでも叱責を受けましたが、その理由が理解できないです」

Read Also:

 フェラーリのビノット代表は、一貫性のなさがチームを悩ませていることを認めつつ、建設的なフィードバックでレースコントロールを支援する必要があると語った。

「シーズンの始まりを見れば、確かにフェラーリとしては満足はできない。裁定によって不利になることもしばしばあったと思うが、それはしょうがないことだ」

「その”難しさ”は理解している。彼らが改善するためには、我々も彼らを助けなければならないと思う。チームとレースディレクターが協力して、彼らが理解しできるだけ早く改善できるようにしなければならないと思う」

「今シーズンはこれまでのところ、裁定に一貫性がないことがあったことは確かだ。それは否定できないが、簡単な仕事でないことも確かだ。時間はかかるだろう。できるだけ我々は急がせる必要がある」

Mattia Binotto, Team Principal, Ferrari

Mattia Binotto, Team Principal, Ferrari

Photo by: Ferrari

 2021年はチーム代表とレースコントロールが無線で不必要に口論を繰り広げていたが、2022年はそれが禁止され国際放送に載せられることもなくなった。

 公然の批判はなくなったものの、メルセデスのトト・ウルフ代表は、依然としてレースディレクターは「矢面に立たされている」として、そのプレッシャーは理解されるべきだと語っている。

「マッティアが言ったように、(レースディレクターは)スポットライトを浴びている訳だから難しい仕事だ」とウルフは言う。

「確かに(決勝レース前に大雨が降った)モナコではああいう天候や気候に放り込まれて、突然判断を下さなければならない訳だし、とてもとても難しいことだ」

「マシンにタイヤが付いていなかったり、戦略を間違えたりとF1チームはミスを犯す」

「それと同じように、レースディレクターも矢面に立たされる。だからみんな同じことだと思う」

 ハースのギュンター・シュタイナー代表は、アブダビでの一件からレースコントロールの裁定に否が応でも注目が集まると考えており、ウィティヒとフレイタスは「きちんと仕事をしている」と評価している。

「昨年のアブダビでのレース以降、レースディレクターはその前の年よりもずっとスポットライトを浴びるようになった」とシュタイナーは言う。

「だから誰もが彼に注目し、ちょっとしたミスをするたびに、以前よりも批判されるようになった」

「我々は彼らに少し時間を与えなければならない。F1レースディレクターの経験はないが、彼らはきちんと仕事をしている」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 メルセデス、アゼルバイジャンGP時の振動は「新たな規制なら、おそらくアウト」
次の記事 リカルドの”かなり悲しい”F1イギリスGP。DRSトラブルと原因不明のグリップ不足による無得点に肩落とす

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本