またも露呈したベッテルとフェラーリの連携不足。しかしビノット代表は関係悪化を否定

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、セバスチャン・ベッテルとチームとの間に緊張関係があることを否定。その噂に「驚いている」と語った。

またも露呈したベッテルとフェラーリの連携不足。しかしビノット代表は関係悪化を否定

 今季限りでのフェラーリ離脱が決まっているセバスチャン・ベッテルは、F1第6戦スペインGPの決勝レース終盤、チームから突如リスキーな1ストップ作戦を提案され、それを実行。なんとか7位でフィニッシュすることに成功した。

 ベッテルはレース中、無線でフェラーリのピットウォールに対して戦略の指示を求めていた。しかしチーム側は、その答えを出すのに時間がかかったようだ。ベッテルはチームの急遽の提案に対して最初は困惑していたが、「失うものはない」として最後まで走り切ることに同意した。

Read Also:

 ベッテルとチームの戦略に関するやり取りがピックアップされるのは、これで2レース連続だ。シルバーストンで行なわれた前戦F1 70周年記念GPでも、ベッテルは朝に計画していたものとは違う戦略を採ったチームに困惑していた。

 これらに関して、フェラーリとベッテルの不和を指摘する声もあるが、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、そういったレッテルを貼るのは不当であり、むしろ柔軟に計画を話し合うことはフェラーリの強みだと語った。

「我々はオープンに話をすることを好む。他のチームはそうではないかもしれないが、彼らは自分たちの意図を明らかにしないようにしているのだろう」

 そうビノットは語った。

「どちらの側からしても、それは正しい方法だったと考えている。前のレースを見ても、その選択が正しかったことが証明されているので、我々は議論や疑問は大歓迎だ」

「我々にとって、あれは正しい選択をするための開かれた会話なんだ」

 ビノットはまた、このような一連の出来事が、ベッテルとチームのコミュニケーションが疎かになっているということなのか、そしてそれが両者の関係に影響を与えているのかを尋ねられた。すると彼はこう答えた。

「あなた方が言うようなことになっているとは思わない」

「少なくとも我々としては、何かを変えた訳ではないので、(その論調に)とても驚いている。そうではないんだ」

 そのビノットのコメントを受け、ベッテルも同意。セッション中のコミュニケーション不足は関係悪化を示すものではないと語った。

「僕の側から見ても、これまでと何ら変わりはない」とベッテルは語った。

「レース中は無線で話すけど、僕たちは1日中顔を合わせているんだ。ずっと無線で話す必要はない。何も変わっていないよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
辛辣無線のフェルスタッペン「ライバルより、自分たちのことに集中すべき」
前の記事

辛辣無線のフェルスタッペン「ライバルより、自分たちのことに集中すべき」

次の記事

ペレス、復帰戦スペインGPで青旗違反ペナルティ「ちょっと不公平だ」と不満

ペレス、復帰戦スペインGPで青旗違反ペナルティ「ちょっと不公平だ」と不満
コメントを読み込む