サインツJr.、フェラーリ加入1年目で大活躍。「冬の間に、”将来”について話し合う」とビノット代表

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、チーム加入初年度ながら素晴らしい2021年シーズンを過ごしたカルロス・サインツJr.と、冬の間に”将来”について話し合うという。

サインツJr.、フェラーリ加入1年目で大活躍。「冬の間に、”将来”について話し合う」とビノット代表

 2021年、セバスチャン・ベッテルに代わって2年契約でフェラーリに加わったカルロス・サインツJr.は、素晴らしいシーズンを過ごした。4度の表彰台を獲得してのランキング5位は、彼にとってF1キャリアベストの1年だ。

 チームメイトであるシャルル・ルクレールを上回ってみせた上、彼にとっての古巣であるマクラーレンを抑えて、フェラーリがコンストラクターズランキング3位を獲得するのにも大きく貢献した。

 最終戦アブダビGPで3位に入ったサインツJr.はレース後、フェラーリでの1年目を締めくくるのに「これ以上の結果はない」と語っている。

 フェラーリのマッティア・ビノット代表は、サインツJr.との契約はまだ1年残っているにも関わらず、今が契約更新のベストタイミングではないかと冗談交じりに質問された。しかし彼は、冬にシーズンを振り返る際に、彼と将来のプランについて話すと明かした。

「カルロスは素晴らしい1年を過ごしたと思う」とビノット代表は語った。

「1年前に契約したのは冬の時期だった。この冬は、腰を据えてシーズンを振り返るのにちょうどいい時期だ。これは冬の間に必ずやることだ」

「間違いなく、共にシーズン自体を見直す。そして、何が我々の未来につながるかを議論し始めるだろう」

 ビノットはサインツJr.のパフォーマンスに感銘を受けており、フェラーリはグリッドで最高のラインアップを揃えていると改めて主張した。

「カルロスと契約した時の目的は、優秀なレーサーであり、安定していて、チームのためにポイントを獲得できるふたりのドライバーを揃えることだった」

「今季はそれが実現できたと思う。だから、ふたりをとても誇りに思う。よく言っているように、我々はF1で最高のラインアップを揃えていると思うし、カルロスの今シーズンの活躍にはかなり満足している」

「彼はフェラーリ加入初年度だった。それは一筋縄でいくようなモノではないのは明らかだ」

「彼は良いレーサーで安定しており、常に多くのポイントを獲得していると考えていたので、我々は彼と契約した。私は、彼は学習能力も高いと思う」

「シーズン中、彼は進歩していった。シーズン終盤は、シーズン全体の中でもベストだったと思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
Red Bull Race Day参加の大湯「刺激的なことをやってのけるのがRed Bull」公道走行に衝撃
前の記事

Red Bull Race Day参加の大湯「刺激的なことをやってのけるのがRed Bull」公道走行に衝撃

次の記事

フェルスタッペン、各F1チーム代表が決めるドライバーランキングでもチャンピオンに!

フェルスタッペン、各F1チーム代表が決めるドライバーランキングでもチャンピオンに!
コメントを読み込む