「今季を象徴するようなレースに……」5位のボッタス意気消沈

シェア
コメント
「今季を象徴するようなレースに……」5位のボッタス意気消沈
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
協力: Jonathan Noble
2018/11/26 6:49

アブダビGP決勝で5位に終わったボッタスは、2018シーズン全体を反映するようなレースだったと語った。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは5位に終わった最終戦アブダビGPについて、2018シーズン全体を象徴するようなレースだったと語った。

 ボッタスは、チームメイトであるルイス・ハミルトンと共に予選フロントロウを独占。スタート後も2番手をキープした。

 レース前半は堅実なペースを発揮していたボッタスだが、ピットインしてスーパーソフトタイヤを履くと一転して勢いを失い、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)やレッドブルの2台に相次ぐように抜かれてしまった。

「レース全体が、今シーズンのような感じだった。最初はとても良かったが、全てがダメになってしまった」

 そうボッタスは語った。

「セバスチャンが近づいてきた時、ターン5でタイヤをロックさせてしまった。そして彼がDRSを使って、僕をオーバーテイクした」

「純粋に自分のミスだと思っていた。最終的にはその通りなんだけど、風向きが突然変わったんだ。だからそのせいで、もう少し早くブレーキをかけなければいけなかったんだと思う」

「同時に右リヤのブレーキに問題があって、振動が起きていた。だからリヤブレーキを補うため、フロントブレーキをハードに使わなければいけなかったので、突然ロックアップが起きていたんだ」

「同じことが、(ロングストレートエンドの)ターン8でも起きた。そしてフェルスタッペンが近づいてきた。だからまだ、ブレーキの問題が何だったのか正確に調べる必要がある」

 メルセデスチーム代表のトト・ウルフも、ボッタスの右リヤブレーキが”奇妙な挙動”を示していたと認め、2度目のピットストップ後にそれが改善されたと付け加えている。

 ベッテルに抜かれたボッタスは、フェルスタッペンから3番手を守ろうと必死のディフェンスを見せたが、フェルスタッペンと接触。これにより、ボッタスのマシンはフロアにダメージを負ってしまったという。

 そのすぐ後に2度目のピットストップを行なったボッタスだが、タイヤを新品にしてもペースは回復せず、優勝したハミルトンから48秒遅れの5位でレースを終えた。

 ボッタスはフェルスタッペンとの接触について、何の問題もないと話した。

「ただのレースだ。僕たちはふたりとも、ポジションを上げたかっただけだ」

「僕たちは接触して、僕がポジションを失い、フロアにダメージを負った。そして終盤にピットストップしなければいけなかった。でも僕にとってはただのレースだった」

次の記事
アロンソ、引退レースで王者同士の”アドリブ共演”「感動的な週末だった」

前の記事

アロンソ、引退レースで王者同士の”アドリブ共演”「感動的な週末だった」

次の記事

フェルスタッペン、オイルで視界奪われるもホンダへの信頼変わらず

フェルスタッペン、オイルで視界奪われるもホンダへの信頼変わらず
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy