F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ボッタス、最終戦アブダビでグリッド降格の危機? トラブル発生のエンジン調査中

シェア
コメント
ボッタス、最終戦アブダビでグリッド降格の危機? トラブル発生のエンジン調査中
執筆:
2019/11/20 3:30

メルセデスは、ブラジルGPでマシントラブルによりリタイアしたバルテリ・ボッタスが、最終戦アブダビGPでグリッド降格ペナルティを受ける必要があるかどうか、まだ分からないと語る。

 インテルラゴス・サーキットで行われたF1ブラジルGPで、メルセデスのバルテリ・ボッタスはリタイアに終わった。彼はマシンの後部から白煙を上げ、コース脇にマシンを止めた。しかしチームは、このボッタスのエンジン(ICE)が最終戦でも使えるのか、ファクトリーで検証しているという。

Read Also:

 ボッタスがブラジルGPで使用したエンジンは、火曜日の夕方にイギリスのブリックワースにあるファクトリーに送られ、分解・分析される。その後、アブダビGPで再び使うことができるかどうかを、来週初めまでには確定させる予定だという。

 ブラジルGP決勝の52周目走行中に、ボッタスのマシンの後部からは白煙が上がった。このため53周目の途中で、マシンをコース脇に止める必要があった。

「少し煙が出ていたと思う」

 そうボッタスは語った。

「僕が実際に煙を見たわけじゃないけど、チームが知らせてくれた。僕はパワーを失うのも感じられなかったんだ。ただ、ターン3の後でエンジンが止まってしまっただけだ」

 ブラジルGPで使っていたエンジンが再使用できなかった場合、以前使ったエンジンにマイレージが残っているのか? それを尋ねられたボッタスは、次のように語った。

「確認するつもりだ。走行距離が残っているとは思わないけど、確認するよ」

 レース後、メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、エンジンが再利用可能かどうかを知るのは、時期尚早だと語った。

「我々はそれについてはまだ知らない」

 そうアリソンはmotorsport.comに語った。

「レース中にオイルの消費量が増加し、非常に早く減っていったんだ。そして残量が無くなるまで約半周というところだった。エンジンはオイル切れに陥るのではなく、その前に自動的に停止したんだ。我々はそれについては認識している」

 ボッタスがこれまで使ってきたエンジンは、いずれも予定された走行距離を走り切った。実際に1基目も2基目も、それぞれ7レースで使われた。そして彼は今シーズンほとんどのレースを走り切っており、ブラジルGP前の唯一のリタイアは、クラッシュを喫したドイツGPだった。

 メルセデスの広報担当者は、既に使われたエンジンについて、次のように語った。

「それらのエンジンは、さらなるイベントで使うことができないということを意味するものではありません。しかし、望ましいことでもありません」

 ボッタスはブラジルGPで、リタイアするまで困難なレースを強いられた。そんな状況を打破するため、1ストップで走りきることを目指し、2スティント目にはハードタイヤを履いた。しかしチームからは2回目のストップを行うよう指示があったのだ。ボッタス曰く、戦略が変更されたことに「少し混乱」していたという。

「スタートでは、ポジションを上げることができなかった」

 ボッタスはそう語った。

「そして、オーバーテイクするのは難しいように思えたんだ。だから最初のスティントをできるだけ長く走るために、少しタイヤを労った。でもアンダーステアに苦しんでいたから、少しペースが足りなかった。特に中間のセクターでね。それで、思っていたよりもさらに遅れていってしまったんだ」

「だから僕は、ハードタイヤを使いたいと思った。1ストップで走りきるのが、唯一のチャンスだろうと思ったからね。その戦略を成功させるのは可能だと思った。でも、(アレクサンダー)アルボン(レッドブル)をカバーするために、ピットインしなければならなかったんだ」

「僕はそのストップについて質問した時、少し混乱してしまった。最後まで走り切れたかどうか、今も疑問に思っている。理論的には不可能だっただろう。でも、1ストップが本当に唯一のチャンスだったんだ。本当に微妙なところだったけどね」

 ボッタスはレース中、シャルル・ルクレール(フェラーリ)の後方で過ごした時間帯もあった。しかしフェラーリを抜くための方法を見つけることができなかったという。

「彼らはストレートで速いから、オーバーテイクするのは難しいんだ。しかし彼は、どんどん苦労していったと思う。エンジンに問題を抱えた時、僕のタイヤの調子はまだまだ良かったんだ。だからオーバーテイクに備え、バッテリーをチャージしていたんだ。アクセルを全開にしても、何かができる余地はほとんどなかったからね」

「だから少しの間、バッテリーをチャージすることに専念して、フル充電にしてから再び攻撃するという計画だった。直線で彼らを捉えるのは、本当に難しいんだ。しかも、彼のディフェンスは素晴らしく、常にコーナーのイン側をキープしていたんだ」

Read Also:

次の記事
ヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし? エド・カーペンターが“噂”を否定

前の記事

ヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし? エド・カーペンターが“噂”を否定

次の記事

最後尾から3位表彰台のサインツJr.、勝負の鍵となったのは“ラリーのスキル”?

最後尾から3位表彰台のサインツJr.、勝負の鍵となったのは“ラリーのスキル”?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第21戦アブダビGP
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper