ボッタス、今季加入のアルファロメオは「ドライバー中心なのが良いね!」エース格としての役割を楽しむ

バルテリ・ボッタスは、今季エースドライバーとして加入したアルファロメオで、以前所属したメルセデスと比較してより「ドライバー中心の」マシン開発が行なえていると語った。

ボッタス、今季加入のアルファロメオは「ドライバー中心なのが良いね!」エース格としての役割を楽しむ
Listen to this article

 バルテリ・ボッタスはアルファロメオでの半年間を振り返り、メルセデスとの違いとしてマシン開発におけるドライバーの重要度を挙げている。

 ボッタスは2017年からメルセデスに5年所属し、10勝をマーク。5シーズン全てでチームのコンストラクターズタイトルの獲得に貢献した。

 一方で、チームメイトのルイス・ハミルトンはその間、6度のドライバーズタイトルを獲得。単年契約が続いたボッタスは翌年のドライブに不安を抱えつつ、”セカンドドライバー”としてハミルトンをサポートする役回りを強いられた。

 しかし複数年契約で今季加入したアルファロメオでは、ボッタスはエース格ドライバーとしてルーキーの周冠宇とチームを牽引し、2022年シーズンは前半戦で46ポイントを獲得。ドライバーズランキングでは9番手につけている。

 サマーブレイクを前にmotorsport.comのインタビューに応じたボッタスは、アルファロメオではメルセデス時代よりも大きな責任を感じ、チームの長期的な計画についてより考えるようになったと説明した。

「チームを正しい方向へ押し上げることに貢献したいという気持ちは、確かにある」

 ボッタスはそう語る。

「だから、常に『本当にこの方向でいいのか?』と考えさせられる。それが本当に面白いんだ」

「来季のマシンに関しても、常に最新情報など全てを聞くことができている。僕にとっては、技術的な面でも関われているのは本当に楽しいんだ。もうマシンのハンドリングを想像できているよ」

Valtteri Bottas, Alfa Romeo C42

Valtteri Bottas, Alfa Romeo C42

Photo by: Alfa Romeo

 メルセデス在籍時と比較して、マシン開発へのアプローチに違いはあるかと尋ねられたボッタスは次のように答えた。

「そうだね、メルセデスではそこまで関与することはできなかった」

「むしろ、コンピュータが『こういうマシンが最速になる』と言っているようなモノだった。ほとんどの場合、それは上手くいったけど、今はより人間中心なのが良いんだ」

 2022年シーズンはここまで、おそらくF1キャリアで最も楽しいシーズンになっていると語っていたボッタス。メルセデスで感じたプレッシャーと比べ、アルファロメオでは重圧が少ないことも寄与していると明かしていた。

 アルファロメオのフレデリック・バスール代表は、今季のボッタスがそういった状況にあることは「容易に想像できる」としながらも、チームを前進させるためには彼をリラックスさせ過ぎないようにしなければならないとも語っている。

「確かに、メルセデスではより大きなプレッシャーがかかる。彼は常にルイスの影に隠れていたし、短期契約だった」

 バスールはmotorsport.comにそう語る。

「パフォーマンス面にも良いことではないから、私は彼をリラックスした状況に起きたくはない。ただ何とかして、彼はチームから全面的なサポートを受けているということを伝えたい」

「過去20年間の秀でたスポーツプロジェクトを振り返ると、それらは常にドライバーを中心に構築されてきたと思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、今季苦戦もメルセデスF1続投の意思固く「5〜10年先についても話し合った」とチーム代表明かす
前の記事

ハミルトン、今季苦戦もメルセデスF1続投の意思固く「5〜10年先についても話し合った」とチーム代表明かす

次の記事

特集|ブラバムの落日とル・マンへ続く再起の道。跡取りが紡ぐ名門の未来とは? F1復帰の可能性を訊く

特集|ブラバムの落日とル・マンへ続く再起の道。跡取りが紡ぐ名門の未来とは? F1復帰の可能性を訊く