F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
00 時間
:
25
:
52
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

VSC発令は、メルセデスが願っていた”奇跡”

シェア
コメント
VSC発令は、メルセデスが願っていた”奇跡”
執筆:
2019/10/01 3:48

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1ロシアGPでフェラーリ勢を破り1-2フィニッシュを決めたことは、奇跡的なことだと語る。

 F1ロシアGPを制したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。2位にもチームメイトのバルテリ・ボッタスが入り、チームは1-2フィニッシュ。予選はもちろん、レース序盤もフェラーリが速さを見せた中、彼らにとっては望外の結果だったと言える。

Read Also:

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ピッストップを終えた直後にマシントラブルによりストップ。ハミルトンはこのマシンを撤去するために発令されたバーチャル・セーフティカー(VSC)の際にピットインしたことで、レース序盤に先頭を走っていたシャルル・ルクレール(フェラーリ)の前に立つことができた。

 ボッタスもこのVSCのタイミングでピットストップ。当初はルクレールの後方だったが、当時ミディアムタイヤを履いていたルクレールが再びピットインしてソフトタイヤに交換したことで、2番手のポジションを手に入れることになった。

 レース再開後、ボッタスはルクレールの攻撃にさらされることになったが、チェッカーまでなんとか抑え切ることができた。

「彼らは今日、力強いマシンを持っていた。良いペースだったし、今年これまでにも見せられてきたように、ストレートでは非常に速かったんだ」

 そうボッタスは語った。

「だから特にセクター3で彼らに近付かれてしまったら、ターン2では大きな脅威にさらされただろう。だからミスを最小限に抑える必要があった。そして今日のマシンは、かなりまともだった。特にソフトタイヤを履いた時、コーナーでのパフォーマンスはまともだったんだ」

「チームは全てのことを正しく進めたと思う。最初のスティントを長く走るため、ミディアムタイヤでスタートすることを選択していた。だからVSCかセーフティカーが出動することを願っていたんだ。そして今日はそれが叶った。奇跡みたいなものだ」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、ミディアムタイヤでスタートするという決断が勝利の鍵であったと認めた。

「それ(VSCが出ること)は重要なことだった。なぜなら、我々が望んでいたことのひとつは、遅いタイミングでセーフティカーが出ることだったのだ」

 そうウルフ代表は語る。

「スティントを伸ばすためには、(スタートで)ミディアムタイヤを履くしかなかった。そしてそのVSCは、彼らのマシンのトラブルによって発令されたんだ」

「直線スピードは、現在のフェラーリのパフォーマンスの大きな要因である。しかしバルテリは、彼(ルクレール)を抑え込むために素晴らしい仕事をした。メインストレートでDRSを使わせないようにするために、コーナーをうまく回ったんだ」

「バルテリが抑えることができた2〜3周の間に、おそらくシャルルはタイヤを痛めてしまったのだろう」

「楽観的な見方をすれば、ペースは同等だった。しかし燃料が半分の状態なら、予選でもレースでも、彼らは最速のマシンだった」

 ウルフ代表は、VSCがなければメルセデスは、フェラーリの後ろでフィニッシュすることになっただろうとも語った。

「最初は良いペースだったと思う。ルイスはシャルルについていくことができたんだ。そしてフェラーリはお互いにプッシュし合っていた。そして我々は、最後の25周をソフトタイヤで走っていたはずだ。彼らがミディアムを履くのに対し、ソフトで挑むことができたんだ」

「でも現実的なことを言う必要があるだろう。最後の数周では、真後ろに迫ることができたはずだ。でも、それだけでは(勝つには)足りなかった」

 現時点でフェラーリに勝つためは、タイヤの選択を変えるなど、戦略を巧みに行うしかないのか……そう尋ねられたウルフ代表は、motorsport.comに対して次のように語った。

「まず最初に、我々はパフォーマンスを修正する必要がある。懸命に戦うことはできる。しかし平等なフィールドにいない場合には、ステップアップする必要がある。それまでは、すべてのことを懸けて戦わなければいけないのだ。それが今日、我々のやったことだ」

「今この喜びの瞬間と同時に、我々は自己を認識する必要がある。純粋な速さで言えば、今週末はパフォーマンスが不足していたんだ。パフォーマンスのレベルを取り戻すために、取り組むべきことがまだたくさんある」

「しかしそれと同様に、今回の日曜日の結果は、最速ではないパッケージでレースに挑んだとしても、決して諦めてはいけないということを示している。ドライバー、エンジニア、そしてマネジメントが全てのことを正しく行えば、レースに勝つことだってできる。まずは完走しなければいけないんだ」

Read Also:

次の記事
フェラーリを追うには、予選のように走らなければいけなかった……ハミルトン語る

前の記事

フェラーリを追うには、予選のように走らなければいけなかった……ハミルトン語る

次の記事

トップ復帰を目指して……”切れ者”ザイドルがマクラーレン・メルセデス復活進言

トップ復帰を目指して……”切れ者”ザイドルがマクラーレン・メルセデス復活進言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第16戦ロシアGP
サブイベント Race
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Adam Cooper