F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
23 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
37 days

ボッタス、FP1を前にオイルリーク発生。旧スペックのPUに載せ替え

シェア
コメント
ボッタス、FP1を前にオイルリーク発生。旧スペックのPUに載せ替え
執筆:
2019/06/28 9:44

メルセデスは、オーストリアGPのFP1を前にバルテリ・ボッタスのPUにオイルリークを発見した。

 メルセデスは、第9戦オーストリアGPのフリー走行1回目を前に、バルテリ・ボッタスの最新仕様パワーユニット(PU)”フェーズ2”にオイルリークを発見し、旧仕様のPUに載せ替えることになった。

 FP1が始まる直前にオイルリークが見つかり、メルセデスのスタッフはボッタス車のPUを素早く載せ替えることを余儀なくされた。

 オイルリークが見つかったのは、第7戦カナダGPで投入された最新仕様のフェーズ2だった。

 カナダGP決勝の直前には、ルイス・ハミルトンのマシンにオイルリークが見つかり、スタッフが対応に追われていた。同じ週末には、レーシングポイントのランス・ストロールがスパークプラグの問題でPUから出火するトラブルに見舞われた。

 前戦フランスGPでは、予選を前にハミルトンのマシンにセンサートラブルが見つかり、メカニックが問題解決に奔走した他、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは予選の前にエナジーストアとコントロールエレクトロニクスを交換している。

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、実際のレースでトラブルが発生する前に、信頼性問題を乗り越えなければいけないと語った。

「今年、我々のレース結果は素晴らしいものだが、2週連続でメカニックが”開腹手術”と同等の作業を行わなければならなかったという事実を無視できないだろう」

「我々は、様々なコンポーネントの様々なトラブルに直面してきた。それぞれの問題は、レースのリタイアに直結する可能性を持つものだった。そのため、できるだけ早くそれらの問題に対処する必要がある」

次の記事
”合計”10秒加算は重すぎる……リカルド「ガスリーにポイントを盗まれた気分」

前の記事

”合計”10秒加算は重すぎる……リカルド「ガスリーにポイントを盗まれた気分」

次の記事

F1オーストリアFP1速報:ハミルトン首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手

F1オーストリアFP1速報:ハミルトン首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble