ボッタス、FP3のトラブルでPU交換。グリッド降格は免れる

シェア
コメント
ボッタス、FP3のトラブルでPU交換。グリッド降格は免れる
執筆: Scott Mitchell
2018/10/27 17:15

メルセデスは、FP3でトラブルが発生したボッタスのパワーユニットを交換することを決定。スペアのユニットを使用するため、ペナルティは受けない。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスはメキシコGPのフリー走行3回目、残り15分の時点で油圧系の問題に見舞われマシンを止めた。チームはこのトラブルに対処するため、ボッタス車のパワーユニット(PU)交換を決断した。

 チーム代表のトト・ウルフは、セッション終了後からPUを交換する可能性があると示唆していた。

 ボッタスは今週末、アメリカGPで使用したものとは違うPUを使用していたが、今回のPU交換でアメリカGPで使用していたユニットに戻すことになる。

 すでに使用されているユニットに戻すことになるため、ボッタスがグリッド降格ペナルティを受けることはないが、チームはFP3と予選の、約2時間のインターバルでPU交換を迅速に完了しなければならない。

次の記事
メキシコFP3:”実質30分”の走行、フェルスタッペン首位。ガスリー8番手

前の記事

メキシコFP3:”実質30分”の走行、フェルスタッペン首位。ガスリー8番手

次の記事

F1メキシコGP予選速報:リカルド逆転ポール! トロロッソはハートレー14番手

F1メキシコGP予選速報:リカルド逆転ポール! トロロッソはハートレー14番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース