F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

ボッタス、ブレーキングで思わぬ苦戦「FP3までは問題なかったのに……」

シェア
コメント
ボッタス、ブレーキングで思わぬ苦戦「FP3までは問題なかったのに……」
執筆:
協力: Stuart Codling
2019/07/28 11:32

バルテリ・ボッタスは、ドイツGP予選で予想外にブレーキングで苦しんでしまったと振り返った。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ドイツGP予選で3番グリッドを獲得。ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンとは0.362秒差、2番手となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とは0.016秒差だった。

 予選後の記者会見でボッタスは、ブレーキングに問題を抱えており、コンマ2、3秒を失った可能性があると話した。

「僕たちチームとしては、全体的に素晴らしい結果だった。ルイスは予選で本当に良い仕事をした」

「フェラーリのこともあって、僕たちは少しラッキーだった。彼らがQ3でどれだけ速く走れたかは分からない」

「しかし僕自身については、FP3では問題ないと感じていたんだ。懸念はなかったし、予選は素晴らしいものになるはずだと思っていた。でも予選では、ブレーキングで苦しんだ。特にターン2やターン6、ターン8といった、ハードブレーキングがある場所全てで苦労したんだ」

「何度もタイヤをロックして、まっすぐ行ってしまった。ブレーキングに対する自信と、ブレーキの噛み具合は周回ごとに違っていた」

「そのせいでアタックが難しいものになった。全てをうまくまとめることができたら、Q3ではコンマ2、3秒改善することが出来たかもしれない。しかしそれ以上は無理だった。だから簡単な予選ではなかった。理由を詳しく調べたい」

「(ブレーキの問題は)少し驚きだった。金曜日は全体的に少しトリッキーだったけど、それは気温が原因だ。マシンは気温にかなり敏感で、クリーンなラップがあまり出来なかった」

「FP3では感触が良かった。問題が改善されていたし、予選が本当に楽しみだった。でも予選ではブレーキングでとても苦しんでしまっていた。一貫性がなかったんだ」

「僕はブレーキペダルを踏んだ時に何が起きるか、確信が持てなかった。フロントタイヤがロックするかどうか分からなかったんだ」

 また、ボッタスは予選後、ピットレーンの速度違反があったとして、600ユーロ(約7万3000円)の罰金を科せられた。

次の記事
フェラーリ代表、予選での“悲劇”を教訓に内部プロセスの見直しを検討

前の記事

フェラーリ代表、予選での“悲劇”を教訓に内部プロセスの見直しを検討

次の記事

マクラーレンの躍進にはドライバーの功績あり? CEOが称賛

マクラーレンの躍進にはドライバーの功績あり? CEOが称賛
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
サブイベント Q1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Alex Kalinauckas