打倒ハミルトン目指すボッタス、“ロズベルグ式心理戦”には否定的「エネルギーの無駄」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンとの争いにおいて、前任のニコ・ロズベルグのような“心理戦”をしかけることには興味がないと語った。

打倒ハミルトン目指すボッタス、“ロズベルグ式心理戦”には否定的「エネルギーの無駄」

 メルセデスのバルテリ・ボッタスはチャンピオン獲得を目指しルイス・ハミルトンに対峙しているが、2016年にハミルトンをコース内外での心理戦により打ち負かし、王座を獲得したニコ・ロズベルグのような戦い方に興味はないと話す。

 メルセデスはパワーユニット時代となった2014年からF1を席巻し、ダブルタイトルを7年連続で獲得。しかしそんな中、2014年から2016年にかけてはロズベルグ対ハミルトンというチーム内での激しい闘いが存在した。

 彼らは幼少期からの友人でもあったが、チャンピオンを巡って争いが発生すると、トラック内外で何度も衝突することとなった。

 ロズベルグの電撃引退を受けてメルセデスへ加入したボッタスは、これまでの4シーズンで速さは示しているものの、ハミルトンを倒すには至っていない。そうした状況もあり、ボッタスもハミルトンに揺さぶりをかけるためにはロズベルグのようなタフなスタンスで挑むべきであり、そこからアドバンテージを得られるのではないか……という見方もある。

 だがボッタスは、そうした方法を採ることが逆効果になるだろうと考えており、フェアなスタンスで挑みたいと話した。

「僕らの強みは間違いなく“チームとして”仕事ができる、というところだと思う」

 ボッタスはmotorsport.comの取材に対しそう答えた。

「僕たちはたしかにハードなレースをする事もできる。だけどそういったものから距離を置くこともできる。僕らは一緒に仕事ができれば、最終的にチームの利益になるということを分かっているんだ」

「だからセットアップやデータや色々なものについて、隠し事はしない。そうしたチームスポーツにおける精神が過小評価されているよ。僕はモチベーションを維持し、対立がないことが本当に重要だと思っている」

「もちろんこれまでに“ニコ・ロズベルグのように変わる”べきだと言ってくる人が多く居たのも確かだ。でも僕はニコ・ロズベルグじゃないし、トラック上でフェアに対峙する方が好きなんだ」

「ルイスのことを知ることもできた。彼の心を弄ぼうとしても何の利益もないことは分かっているんだ。(心理戦で)彼をイライラさせることはできるだろう。でもそうすると僕のエネルギーを無駄にしてしまう。そして彼は怒って、より速く走ることになると思う」

「だから僕は自分のやり方で勝ちたい。それが目標だ」

 そう語るボッタス。彼はチーム内でポジティブな精神を維持しようと決めているが、同時に新シーズンに向けてはアプローチを調整していく必要があるとも考えている。

「知っての通り、僕も“何か”を探したいと思っている」

「何か違うことを試すときなんじゃないか、そんなふうにも感じているんだ」

「もちろん僕は常に将来を楽しみにしているし、そこにはチャンスがある。だけどこのスポーツでは多くのチャンスが与えられるわけじゃない」

「15年もルイスと一緒にやって、その中で彼を倒すというわけじゃない。来年(2021年シーズン)は、本当に“やる”必要があると分かっているよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ベッテルの存在がストロールを高みへと導く? アストンマーチン代表が期待

前の記事

ベッテルの存在がストロールを高みへと導く? アストンマーチン代表が期待

次の記事

“おどおど”したルノーは過去の話に? リカルド「チームに自信がついてきた」

“おどおど”したルノーは過去の話に? リカルド「チームに自信がついてきた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス
執筆者 Jonathan Noble