F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

メルセデスW10はダウンフォース大……ライバルを追う際に大きな影響を受ける?

シェア
コメント
メルセデスW10はダウンフォース大……ライバルを追う際に大きな影響を受ける?
執筆:
2019/04/25 2:59

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、オーバーテイクをしやすくするためにレギュレーションが改定されたにも関わらず、今もマシンの後方には乱流が発生しており、追い抜きが難しいと語る。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、オーバーテイクしやすいようにレギュレーションが変更されたものの、依然として追い抜きは難しく、特に大きなダウンフォースを発生するメルセデスのマシンには、大きな影響が及ぶと語る。

 ボッタスはF1中国GPをポールポジションからスタートした。しかし、ホイールスピンを犯してしまい、2番手からスタートしたチームメイトのルイス・ハミルトンに先行される。ボッタスはその後ハミルトンを追ったが、結局オーバーテイクを仕掛けることができなかった。

 ボッタスはこの時のことを振り返り、他のマシンの後ろに詰まってしまった際には、依然として大きな影響があると感じたと語る。

「3〜4秒遅れたとしても、マシンが横滑りしてしまう。それによって、タイヤはオーバーヒートしてしまうんだ。そうなると、かなり難しいことになる」

 ボッタスはそう語った。

「でもそれは、F1では長いこと続いてきた形だ。先行しているマシンは、少しだけコントロール下に置くことができる。それは常に、ある意味でより楽な形なんだ」

 前が開けた状況の優位性を語るボッタス。しかしその一方で彼は、昨年までに比べれば、前のマシンに近付くのが少し楽になったと考えている。

「少し良くなったと思う」

 そうボッタスは言う。

「前のマシンを追っている時、マシンはおかしな動きをしない。それは良いことだ。ただダウンフォースが失われるだけだ」

「去年まではもう少し乱流を感じ、それがマシンを動かしていた。その点では、少し安定するようになった。それでも、グリップとダウンフォースは少し失われている」

「去年よりもダウンフォースは大きくなっている。ウイングを機能させるための空気がなければ、グリップを失ってしまうからね」

 ボッタス曰く、メルセデスの今季マシンW10は、ダウンフォースに頼る部分が多いクルマだと言う。そのため、前にマシンがいた時には、ライバルチームのマシンよりも大きな影響を受けることになるかもしれないと認めた。

「僕は他のマシンに乗ったことがないので、それがどんな感じなのか分からない。でも、僕らは中国ではコーナーで強さを発揮することができたから、良いレベルのダウンフォースを持っているように感じる」

「それが密接に関係していると思う。ダウンフォースが大きければ大きいほど、他のマシンの後ろについて走る時には、ダウンフォースを失う割合が大きくなり、ラップタイムに与える影響も大きくなるはずだ」

次の記事
ホンダ、アゼルバイジャンGPにPUアップグレード投入、全4台が使用へ

前の記事

ホンダ、アゼルバイジャンGPにPUアップグレード投入、全4台が使用へ

次の記事

リカルド、早すぎる評価”受け入れ”「まるで数試合ゴールがないサッカー選手だ」

リカルド、早すぎる評価”受け入れ”「まるで数試合ゴールがないサッカー選手だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper