F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

テスト初日午前はボッタスが首位。フェルスタッペン最多91周で3番手

シェア
コメント
テスト初日午前はボッタスが首位。フェルスタッペン最多91周で3番手
執筆:
2020/02/19 12:37

2020年シーズンのF1プレシーズンテスト初日午前は、メルセデスのバルテリ・ボッタスが首位となった。

 2020年シーズンのF1プレシーズンテストがスペインのカタルニア・サーキットで2月19日に開幕。初日午前のセッションは、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

 セッション開始5分、ボッタスは真っ先にタイムを計測すると、そのまま順調に周回を重ねていった。

 セッション開始から90分が経過すると、レーシングポイントのセルジオ・ペレスがトップタイムを更新。その後はボッタスとペレスがトップタイムを更新し合う展開となった。

 最終的に、1分17秒313をマークしたボッタスが首位で午前のセッションが終了。わずか0.062秒差でペレスが続いた。昨年のプレシーズンテスト初日のトップタイムだった1分18秒161(フェラーリのセバスチャン・ベッテルが記録)と比べると、すでに大幅にタイムアップ。ペレスに至っては昨年と比較して2.6秒も速くなっている。

 レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが走行を担当。最多の91周を走破し、3番手につけた。ボッタスからは0.474秒遅れだが、フェルスタッペンはトップ2よりも1段階硬いC2タイヤで自己ベストタイムを残している。

 4番手はマクラーレンのカルロス・サインツJr.。トップからは0.688秒差だが、彼もフェルスタッペンと同じくC2タイヤでのタイムだった。

 ルノーのエステバン・オコンが5番手、ウイリアムズのジョージ・ラッセルが73周を走り6番手タイム。テスト開幕に間に合わなかった昨年と比べると、ウイリアムズははるかに順調なスタートを切ったと言っていいだろう。

 7番手はフェラーリのシャルル・ルクレール。本来走行を担当する予定だったセバスチャン・ベッテルの体調不良による急きょのドライブだったが、まずは静かな走り出しとなった。

 8番手はアルファロメオの開発ドライバーを務めるロバート・クビサ。全ドライバー中、唯一C4タイヤを使ってタイムを計測した。

 アルファタウリ・ホンダは、ダニール・クビアトがAT01をドライブ。なかなかタイムアップをせず、ベストタイムが1分20秒台に留まっていたが、終盤に連続で自己ベストを更新。9番手のケビン・マグヌッセン(ハース)に迫っていった。

 セッション終了間際にも、自己ベストペースで走っていたクビアトがポジションを上げるかと思われたが、そのままピットイン。9番手マグヌッセン、10番手クビアトのままセッションは終了となった。

 なお4時間のセッション中、赤旗は一度も掲示されなかった。

Read Also:

Pos Driver Team Time Gap Laps
1 Valtteri Bottas Mercedes 1m17.313s   78
2 Sergio Perez Racing Point 1m17.375s +0.062s 58
3 Max Verstappen Red Bull 1m17.787s +0.474s 91
4 Carlos Sainz McLaren 1m18.001s +0.688s 64
5 Esteban Ocon Renault 1m18.004s +0.691s 59
6 George Russell Williams 1m18.168s +0.855s 73
7 Charles Leclerc Ferrari 1m18.289s +0.976s 64
8 Robert Kubica Alfa Romeo 1m18.386s +1.073s 57
9 Kevin Magnussen Haas 1m18.466s +1.153s 52
10 Daniil Kvyat AlphaTauri 1m18.484s +1.171s 53

 

次の記事
ペレス驚異の走り始め。開始1時間で自身のスペインGP昨年タイムを更新!?

前の記事

ペレス驚異の走り始め。開始1時間で自身のスペインGP昨年タイムを更新!?

次の記事

メルセデスは今年も強し? ハミルトン最速&チームも最多周回を走破

メルセデスは今年も強し? ハミルトン最速&チームも最多周回を走破
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Barcelona February testing I
執筆者 松本 和己