ボッタス、メルセデス最終年のコンストラクターズタイトルに”複雑な”気持ち「後で実感が湧くと思う」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、チームメイトのルイス・ハミルトンがドライバーズタイトルを逃したことを残念に思う気持ちと、コンストラクターズタイトル獲得を喜ぶ気持ちという、複雑な感情を持っていると語った。

ボッタス、メルセデス最終年のコンストラクターズタイトルに”複雑な”気持ち「後で実感が湧くと思う」

 F1の2021年シーズンは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がドライバーズタイトルを獲得。一方で、コンストラクターズタイトルはメルセデスが獲得した。メルセデスの8年連続ダブルタイトル獲得はならず、ルイス・ハミルトンは史上最多8度目のチャンピオンに手が届かなかった。

 セーフティカーの出動が切っ掛けになり、最終ラップにフェルスタッペンにハミルトンが追い抜かれるという劇的な展開で終わりを迎えたアブダビGPは、多くの論争を引き起こしつつ終了した。

 メルセデス代表のトト・ウルフや、チームの主要メンバーなどはレース後から公的な場でコメントを発していない。敗れたハミルトンもパルクフェルメ以外の会見はキャンセルしており、沈黙が続いている状態だ。

 ただ、来季アルファロメオに移籍するバルテリ・ボッタスは、レース後の取材に応えており、コンストラクターズタイトル獲得に貢献できたことを喜んでいると認めつつ、がっかりしている気持ちもあると語った。

「コンストラクターズタイトルを獲得できたことは、本当に誇りに思う。でも言うまでもなく、ドライバーズタイトルも非常に大事なものだ」

「チームとはまだ会ってないけど、同じ気持ちだと思う。今日、僕たちは勝ったという気持ちではなく、負けたという気持ちだと思うんだ」

「僕はこのチームに所属してから毎年コンストラクターズタイトル獲得を経験してきた。だから、僕にも貢献できたことがあったんだろうね!」

「ただ今の一番の気持ちとしては、ルイスは残念だったというモノだと思う。でも数日も時間が立てば、僕らはポジティブな方向を向いていけると思う」

「いずれにせよ、僕もメルセデスも今シーズンは終わって、次の章に向かうんだ。今週末からは、沢山のことを学んで、前に進んで行こう」

 そうしてハミルトンの敗北を悔やんだボッタスだが、それでもコンストラクターズタイトルの8連覇という結果の偉大さが失われることはないと、そう語っている。

「コンストラクターズタイトル、それは重要なモノだ。僕らはきっと後でそれを実感することになるだろう」

「印象的だったよ。僕としては5年連続でコンストラクターズタイトルを獲ってきたのは、とても大事なことだ。木曜日や金曜日に訊かれたら、もっと嬉しく思っているだろうね」

 なおボッタスも、アブダビGPがメルセデスでのラストレースだった。2021年シーズンは1勝、10回の表彰台を獲得し、ランキング3位となった。

 アブダビGP終了後の14日からはポストシーズンテストが行なわれている。ボッタスはメルセデスとの合意により、来季所属するアルファロメオから早くもテストに参加し、18インチタイヤを装着したマシンを走らせた。

 
Read Also:

シェア
コメント
家族や社会を守るための“賢い”行動を! 角田裕毅を始めF1ドライバーが新型コロナウイルスのワクチン接種を呼びかける
前の記事

家族や社会を守るための“賢い”行動を! 角田裕毅を始めF1ドライバーが新型コロナウイルスのワクチン接種を呼びかける

次の記事

オワード、ご褒美テストでF1に”病みつき”「予想していた10倍はクレイジーなクルマだった!」

オワード、ご褒美テストでF1に”病みつき”「予想していた10倍はクレイジーなクルマだった!」
コメントを読み込む