F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ボッタス、気まぐれな風に泣く。ハミルトンは“途中まで”最高のアタック

シェア
コメント
ボッタス、気まぐれな風に泣く。ハミルトンは“途中まで”最高のアタック
執筆:
2019/06/23 3:29

バルテリ・ボッタスは、フランスGP予選Q3で風向きが変わってしまったことで、ポールポジションを獲得するチャンスを失ったと語った。

 フランスGPの予選で2番手となったバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、Q3で風向きが変わってしまったため、チームメイトのルイス・ハミルトンに対抗することができず、ポールポジションを逃したと語った。

 FP2、FP3で首位となったボッタスはQ1、Q2でもトップタイムを記録。Q3がスタートする時点で、ハミルトンよりも優位に立っているのではないかと思われた。

 しかし彼は、最初のアタックの途中で風向きが変わったことで、ポールポジション獲得の望みが打ち砕かれてしまったと話した。

「Q3の最初のラップは問題ないと思っていた。でも予選中に風向きが変わったんだ」と、ボッタスは予選を振り返った。

「ターン8と9(シケイン)では週末を通じてちょっと苦労していたけど、良いラインを走れた時もあったんだ」

「でも、その時の風向きではうまくいかなかった。大きなミスはなかったけど、あちこちで細かいことがあった」

 また、ボッタスの2回目のアタックでは前にマシンがおらず、ストレートでトウ(スリップストリーム)を使えなかったため、タイムが稼げなかったという。

「2回目のランでは、前にマシンが1台もいなかったので少し不運だった」

「トウがまったくなくて、すべてのストレートでタイムを失っていた。最後の数コーナーでその遅れを取り戻そうとして、ミスをしてしまった。だから残念だ」

「ホールポジション獲得を狙っていたけど、ここはターン1までの距離が長いから、2番グリッドも良い位置だと思う」

 一方のハミルトンは、1回目のアタックでボッタスを0.157秒上回る1分28秒448をマーク。そして2回目のアタックではさらにタイムを更新し、1分28秒319を記録してポールポジションを獲得した。

 彼は、変化する風の状況にドライビングを適応させるため、“ダイナミック”にならなければいけなかったと認めた。

「Q1とQ2では、バルテリが優位に立っていた。僕はまだマシンの中で調整をしていたけど、どこでタイムを稼がなくちゃいけないかは分かっていた。僕はそれをやらなくちゃいけなかったんだ」

「僕の最初のラップは素晴らしかった。本当に、そのラップに満足していたんだ。でもまだ、タイムを比べると近かった。改善できるかもしれないところをもっと見つけなくちゃいけなかったんだ」

「だから僕は2回目のランに出ていって、これまで長い間やってきた中でもベストのひとつと言えるようなラップを走った。コーナーをふたつ残した時点で、0.45秒稼げていると思った。そこで突風が吹いたんだ。そのせいか、アクセルを開けるのが早すぎたのか、リヤエンドを失ってしまったんだ」

次の記事
「まるで溶けたチョコレートのよう」ソフトタイヤの扱いに苦しむドライバーたち

前の記事

「まるで溶けたチョコレートのよう」ソフトタイヤの扱いに苦しむドライバーたち

次の記事

予選9番手に終わったガスリー、セットアップの変更が“仇”に?

予選9番手に終わったガスリー、セットアップの変更が“仇”に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble