F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

フェラーリの踏んだステップは“普通じゃない”……ボッタス、フェラーリのスピードを警戒

シェア
コメント
フェラーリの踏んだステップは“普通じゃない”……ボッタス、フェラーリのスピードを警戒
執筆:
協力: Adam Cooper
2019/04/11 23:11

バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンは、フェラーリはバーレーンで“普通ではない”パフォーマンスアップを見せたが、中国GPでもその直線スピードを警戒しているようだ。

 第2戦バーレーンGPを終えた段階で、メルセデスのバルテリ・ボッタスがチャンピオンシップをリードしている。2番手にはチームメイトで現チャンピオンのルイス・ハミルトンが付けており、メルセデスがワンツー体制となっている。

 しかし、メルセデスはバーレーンGPで明らかとなったフェラーリとの直線スピードの差に驚いている。トラブルが起きるまで、フェラーリの優勝は揺るぎないと思われていた……そのパフォーマンスは、メルセデスに脅威を感じさせるには十分だったようだ。

 ボッタスはメルセデスのPUの信頼性がハミルトンへ勝利をもたらしたと指摘している。しかし彼はまた、「僕らが取り組むべき事があるのは明らかだし、そして第1戦から2戦の間にフェラーリが遂げたステップは“普通じゃない”ものだ」とも認めている。

「彼らは明らかに開幕戦では問題を抱えていた。そしておそらくはバーレンでの結果が、僕らの状況だ。この先も続くかどうかは分からないけどね」

「マシンの改善出来る部分は分かっているし、ここ中国ではマシンへのさらなるアップグレードもあるから、上手く行けば僕らはより強くなる……それ以上言うことは難しいね」

 バーレーンGPでフェラーリが見せた直線スピードは、ロングストレートのある中国GPでも強力な武器になりそうだ。

「フェラーリのスピードは確実に違いを生むだろう。ここはとても長いストレートがあるから、直線でのスピードは本当に重要なんだ」

 ボッタスはそう話す。

「もちろんコーナーもあるけれど、彼らは今週末にはそこも強さを増していると僕らは認識している」

「上手く行けば、僕らはストレート以外の他の部分で強さを持てる。だけど間違いなく、僕らは開発をより進めるべき部分が分かっているんだ」

 メルセデスはフェラーリと比較した際、バーレーンの直線で失っていたタイムを“ほぼ0.5秒”と見積もっている。

 しかしそうしたアドバンテージがありながらも、シャルル・ルクレールのPUに発生した問題とセバスチャン・ベッテルがハミルトンと争っていた際のスピンしたことによって、フェラーリはメルセデスに敗北を喫している。その結果、フェラーリはメルセデスに対し、コンストラクターズチャンピオンシップで既に39ポイント差を付けられているのだ。

 ハミルトンに対し、フェラーリを打ち負かすために、メルセデスは幸運に頼る必要があるかどうかを尋ねると、彼はこう答えた。

「今のところ、本当に分からない」

「毎シーズンのことだけど、最初の数レースで判断するのは本当に難しい。僕らは開幕戦での自分たちのパフォーマンスを予期していなかったし、2戦目での結果も予想していなかった。3戦目もそうだ。久しぶりのように感じられるよ」

 ハミルトンは、中国のバックストレートが、フェラーリを後押しすることになるかもしれないと認めている。

「信頼性に頼るような事が無いことを願っている。それからもっと接近したレースができることもね。僕は前のレースでは予選は大丈夫だったと思うけれど、レースでは大きな差があった。ここは本物のレースをするのに素晴らしいトラックだ。より接近戦ができれば良いと思う」

次の記事
レッドブル・ホンダ、バーレーン苦戦の原因はセットアップのミス?

前の記事

レッドブル・ホンダ、バーレーン苦戦の原因はセットアップのミス?

次の記事

ハースF1、中国GPで低ドラッグのウイングを導入。バーレーンでの失敗を巻き返せるか?

ハースF1、中国GPで低ドラッグのウイングを導入。バーレーンでの失敗を巻き返せるか?
コメントを読み込む