ボッタス「ハミルトンに勝てないと思ったことはない」と来季の巻き返しを誓う

シェア
コメント
ボッタス「ハミルトンに勝てないと思ったことはない」と来季の巻き返しを誓う
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/12/02 6:49

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今季未勝利に終わったものの、昨シーズンより改善できていると主張。ハミルトンより劣ると思ったことはないと語る。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2018年シーズンを未勝利で終えた。”チームオーダー”により勝利を失ったレースもあったが、それでもチームメイトのルイス・ハミルトンが11勝を挙げたことと比較すれば、大きすぎる差をつけられてしまったと言えよう。ボッタス自身も、今シーズンはF1デビュー以来、最も失望したシーズンだったと明らかにしている。

 ただボッタスは、自身のF1での将来を懸け、来季に挑むと誓う。ボッタスはそのために、攻撃的な姿勢でシーズンを戦い抜くつもりのようだ。チームのリザーブドライバーには、今季フォースインディアで戦ったエステバン・オコンが就任することが決まっており、もしボッタスが好パフォーマンスを発揮できなければ、そのシートを奪われてしまう可能性すらあるのだ。

「このスポーツは面白い。将来に何が起こるかなんて、誰にも分からないんだ」

 そうボッタスは語る。

「でも来年に向けて、僕には失うモノがないというのが正しい考え方だ」

「僕はただ目標に向かってやっていきたいし、いつの間にか襲うようにドライブしたい。僕の最後のレースのようにね」

 シーズンの成績は予想を下回ったものの、ポジティブな部分もいくつかあったとボッタスは語る。

「僕らは分析し、チームのスタッフたちと話した。予選やレースでのペースを、チームメイトと比較した。今年それは、平均的に改善できている。これはポジティブなことだ。でも、結果には繋がらなかった」

「結果が伴わなかった理由を分析する必要がある。明らかに、時には不運な時もあった。時には異なる理由のこともあった。でも、今年のパフォーマンスは良くなっていたと思う。とはいえ成績を見れば、去年の方が良かった」

 しかしボッタスは、チームメイトであるルイス・ハミルトンを破ることができるスピードを持っているという信念を失ったことはないと主張する。

「僕が考えている主なことは、自分が最強になる必要があるということだ」

 ボッタスはそう語った。

「それには足りないだなんて、自分に言ったことは決してない」

「僕はまだ、そう信じている。今シーズンは残念な1年だった。でも、今シーズン示したことより、僕にははるかに多くのことができると分かっている」

次の記事
サインツJr.「150周走り多くの情報を手にした」まずはチームとの関係を構築

前の記事

サインツJr.「150周走り多くの情報を手にした」まずはチームとの関係を構築

次の記事

”今のF1には音がなくなった”と認めるアロンソ「でも、ポジティブな面を見ていく」

”今のF1には音がなくなった”と認めるアロンソ「でも、ポジティブな面を見ていく」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble