F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
1 days
14 8月
次のセッションまで……
8 days
28 8月
次のセッションまで……
22 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
29 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
36 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
50 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
64 days
23 10月
次のセッションまで……
78 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
86 days

優勝の次は2位……ランキング首位のボッタス「ダメージを最小限にできた」

シェア
コメント
優勝の次は2位……ランキング首位のボッタス「ダメージを最小限にできた」
執筆:
, Grand prix editor
2020/07/13 10:30

F1第2戦シュタイアーマルクGPで2位になったメルセデスのバルテリ・ボッタスは、優勝できなかったことについて「ダメージを最小限に抑えた」と語った。

 2020年F1開幕戦オーストリアGPを優勝したメルセデスのバルテリ・ボッタスは、第2戦シュタイアーマルクGPの予選で4番手となった。ポールポジションを獲得したチームメイトのルイス・ハミルトンに、1.4秒もの差をつけられる結果である。ブレーキにトラブルがあったとはいえ、1周60秒少々というサーキットでは、圧倒的な大差と言える。

 決勝レースでは、スタート後早い段階でマクラーレンのカルロス・サインツJr.を抜いたものの、その時点までにハミルトンとマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)には大きな差をつけられていた。

Read Also:

 その後ボッタスは、フェルスタッペンの徐々に近づいていき、レッドブルにプレッシャーをかけた。これによりアンダーカットを警戒したレッドブルは、フェルスタッペンを早々にピットインさせ、ミディアムタイヤを履かせコースに復帰させた。

 対するボッタスは、そこから10周遅れてピットイン。当初はフェルスタッペンのはるか後方でコースに復帰したが、チームの「フェルスタッペンに追いつける」という激励を受け、徐々にその差を詰めていき、残り5周のところでオーバーテイク完了。2位表彰台を手にした。

 ボッタスがチェッカーを受けたのはハミルトンの13秒後だったが、予選の結果を見れば、当初からチームメイトを倒せる可能性はほとんどないと考えていたという。

「ルイスはポールポジションからスタートし、素晴らしいスタートを決めた」

 ボッタスはレース後にそう語った。

「彼はレースをコントロールすることができたし、先週末ほど多くのことは起きなかった」

「一方で僕の方から見れば、4番グリッドスタートから、ダメージを最小限にすることができたと思う。良いポイントを手にできたし、まだ選手権をリードしている。だからそれほど悪くはないよ」

「昨日は理想的な1日じゃなかった。それは、今日25ポイント獲得できなかった理由だ」

 開幕戦優勝、第2戦2位という成績を収めた結果、ボッタスはランキング首位を堅持。ハミルトンを6ポイントリードしている。

 ボッタスはフェルスタッペンと激しい2位争いを展開したが、その戦いを十分に楽しんだようだ。

「彼とは良い戦いだった」

 そうボッタスは語った。

「最初のスティントを引き伸ばしたことで、最後は彼よりもかなりペースが良かったと思う。接近戦を戦うのは、いつも楽しいことだ」

 ボッタスは今年こそドライバーズタイトルを獲得できることを目指しており、それに向けては良い開幕2連戦だったと語る。

「もっと満足いく結果を手にできたかもしれない。でも、悪くない最初の2連戦だったと思う」

「来週(ハンガリーGP)が楽しみだ」

Read Also:

レーシングポイントは2番目に速い? ストロール「この先に向け有望」と期待

前の記事

レーシングポイントは2番目に速い? ストロール「この先に向け有望」と期待

次の記事

ハミルトン、独走の鍵はタイヤ? フェルスタッペンの相手は「簡単ではなかった」とも

ハミルトン、独走の鍵はタイヤ? フェルスタッペンの相手は「簡単ではなかった」とも
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シュタイアーマルクGP
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Luke Smith