タイトル決定阻止はおろか、自身最悪の結果に。ボッタスのトルコGPは”散々”

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、1周目にマシンにダメージを負い、レース中6回もスピンを喫したトルコGPを”散々”だったと振り返った。

タイトル決定阻止はおろか、自身最悪の結果に。ボッタスのトルコGPは”散々”

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、チームメイトであるルイス・ハミルトンのタイトル決定を阻止するべく、F1トルコGPに挑んだ。

Read Also:

 ボッタスがハミルトンの載冠を阻止するためには、8ポイント以上多く獲得しなければならなかった。しかし、ハミルトンが優勝したのとは対照的に、ボッタスは14位。今季最悪の結果に終わり、ハミルトンの2020年ドライバーズタイトル獲得が決定した。

 ボッタスは1周目のスタート直後、前を行くルノーのエステバン・オコンがスピンしたのを避けようとした際にスピン。さらに同じく1周目のターン9では、オコンと接触することになり、ふたりは再びスピンを喫した。

 この接触によりボッタスのマシンにはダメージが及び、ステアリングのアライメントが狂ってしまったという。その結果、その後のドライビングは非常に難しいモノになったようだ。

 結局ボッタスは、その後4回にわたってスピン。さらにハミルトンには周回遅れにされてしまった。

 今回のレースがどれほど難しいモノだったのか? それについてボッタスは、受けたダメージにより散々なレースになってしまったと語った。

「最初のコーナーでスピンしてしまった。僕はルノーがスピンしたのを避けようと思ったんだ。その後、同じ周のターン9で接触してしまった」

 ボッタスはそう語った。

「マシンは正しいバランスじゃなかった。ストレートでは、左に進んでいるような感じだったんだ。そして左コーナーではマシンの挙動が一定じゃなくて、そして滑ってしまっていた」

「それは、本来の姿じゃなかった。厄介なレース、散々なレースだった」

「今日の僕は失うモノは何もなかったから、できる限りプッシュしようと考えていた。後方に下がってからも、できる限りプッシュしようとしていたけど、ミスを犯してしまった。ダメージも確かにあったけど、かなりトリッキーな状況だった」

「これまでのF1のレースの中でも最も難しいレースだったし、結果も最悪だった」

 スタート直後のターン1でスピンしたことで、ボッタスは最後尾までポジションを落とすことになった。しかし、ウエットコンディションに苦しむライバルたちを尻目に、ボッタスはすぐにポジションを回復することができた。そんな中、ターン9でオコンのインを攻めすぎた結果、接触してしまうことになった。

「ターン1でスピンして、最後尾まで落ちてしまった。でもかなり早く、隊列に追いつくことができた」

 そうボッタスは説明した。

「だからターン8の時点で、僕は他のマシンの真後ろにつけ、ターン9に挑むことができた」

「でも、ロックアップしてしまった。ターン9のイン側には水が多く溜まっていた。見た目には、それほどでもなかったのにね」

「ちょっと熱心に攻めすぎてしまった。おそらく、攻めすぎたんだと思う。そしてロックアップし、ルノーの1台にぶつかってしまった。それだけだよ」

Read Also:

シェア
コメント
珍しく感情をあらわにしたハミルトン。チェッカー目前、彼の脳裏によぎったもの

前の記事

珍しく感情をあらわにしたハミルトン。チェッカー目前、彼の脳裏によぎったもの

次の記事

あと1周あったら、タイヤが”爆発”していたかも……ペレス、ギリギリまで攻めた2位

あと1周あったら、タイヤが”爆発”していたかも……ペレス、ギリギリまで攻めた2位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント トルコGP
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith