F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ボッタス、クラッチの”不調”により、勝利を逃す

シェア
コメント
ボッタス、クラッチの”不調”により、勝利を逃す
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/05/12 17:01

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、スタート時にクラッチがうまく動かなかったことでチームメイトのルイス・ハミルトンに先行されてしまい、そのまま勝利を失うことになったと考えている。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1スペインGPをポールポジションからスタートした。 彼がポールポジションからスタートするのは中国、アゼルバイジャンに続く3戦連続である。

 しかし素晴らしいスタートを決めたのは、2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)だった。ハミルトンは抜群の加速でターン1のイン側を取ると、そのままホールショットを決め、ボッタスとの差を一気に広げていった。

 レース終盤にセーフティカーが出て、一時は10秒以上あったリードが失われたものの、ハミルトンはリスタートで一気に差を広げ、そのままボッタスの追撃を許さなかった。

 ボッタスはレース後、次のように語った。

「かなり厳しい戦いだった。僕はスタートで勝利を失ったんだ」

「クラッチはおかしな挙動を示していた。繋がって、切れて、また繋がる……そんなような、これまでにないような奇妙な挙動だったんだ。それで勝利を失ってしまった」

 なお勝ったハミルトンは、スタートが非常に興味深いものだったと語る。ハミルトンはボッタスのインを突いたが、ボッタスのアウト側からはフェラーリのセバスチャン・ベッテルも並びかけていたのだ。

「赤いクルマが、僕らふたりの後ろを走っているのが見えた。でも前に進んだかどうかは、僕にはわからなかったんだ」

「そういうこと(フェラーリが先行すること)があるかもしれないとは思っていた。僕は、バルテリがとても突っ込んでブレーキングするということは知っていたからね。でも、バクーのリプレイにはならなかった(アゼルバイジャンGPのスタート直後の自身の動きについて、ハミルトンは「優しかった」と語っていた)」

 メルセデスは今回のスペインGPでも1-2フィニッシュを達成。これで、開幕戦からの連続1-2フィニッシュの記録を、5にまで更新した。これは史上最長の記録である。

「これは素晴らしいチームのおかげだ。僕らは歴史を作っている。

 そうハミルトンは語った。

「僕はそのチームの一員であることを誇りに思う。また、サーキットで、そしてファクトリーでのスタッフ全員の懸命な努力に、大きな誇りを感じている」

「最初の4レースは、間違いなく少し難しいレースだった。マシンは素晴らしいけど、いつもうまくいくわけじゃない」

「僕らは違いを解決することができたし、同じように元気になろうとしている。僕はレースに感謝しているんだ」

次の記事
F1スペインGP決勝速報:ハミルトン3勝目。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが今季2度目の表彰台!

前の記事

F1スペインGP決勝速報:ハミルトン3勝目。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが今季2度目の表彰台!

次の記事

F1スペイン決勝:『メルセデス帝国』前人未到の開幕5連続ワンツー! フェルスタッペン、3位表彰台獲得

F1スペイン決勝:『メルセデス帝国』前人未到の開幕5連続ワンツー! フェルスタッペン、3位表彰台獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
サブイベント Race
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell