F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
30 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
44 days

ボッタスがラリー初挑戦。ステージ優勝含む総合5位でフィニッシュ

シェア
コメント
ボッタスがラリー初挑戦。ステージ優勝含む総合5位でフィニッシュ
執筆:
, Writer
2019/01/27 9:17

メルセデスF1のバルテリ・ボッタスが、北極ラップランド・ラリーでラリーデビューを果たし、総合5位でフィニッシュした。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、母国フィンランドで行われた北極ラップランド・ラリーに出走。ステージ優勝を果たすなどし、総合5位でフィニッシュした。

 ボッタスはM-スポーツのドライバーたちがWRC(世界ラリー選手権)で走らせているのに似たスペックのフォード・フィエスタを駆り、フィンランド選手権の常連たちと競い合っていた。ただ、彼らが走らせるのは主に、WRC2クラスで使われていた、パワー面で劣るR5仕様だった。

 序盤2ステージを7位と9位のタイムで走破したボッタスは、金曜日の午後までに5番手まで浮上した。

 その後ボッタスは、2.17マイル(約3.5km)の短いステージで、フィンランド選手権常連のヘンリック・ピエタリネンに2.3秒差をつけ、ステージ優勝を果たしている。

 ボッタスはこのピエタリネンと、ラリーを通じて4番手を争った。しかし最後の2ステージ両方でピエタリネンの方が速くステージを駆け抜け、ピエタリネンが総合4位、ボッタスが5位となった。

 今回のラリーでボッタスのコ・ドライバーを務めたのは、ティモ・ラウティアイネンである。ラウティアイネンは、2002年と2002年のWRCでマーカス・グロンホルムが王者に輝いた際、ナビゲーターを務めた人物である。

 なおボッタスの他にも、かつてフェラーリやティレルで活躍したミカ・サロが今回のラリーに参戦。ステージ1は43位だったものの、最終的には11位でフィニッシュしている。

 優勝したのは、かつてWRCやフィンランド選手権で活躍したセバスチャン・リンドホルムの息子である、エミル・リンドホルムだった。リンドホルムが走らせたのは、フォルクスワーゲン・ポロGTI R5だった。

次の記事
表彰台が遠い……ヒュルケンベルグの実力を、サインツJr.が太鼓判

前の記事

表彰台が遠い……ヒュルケンベルグの実力を、サインツJr.が太鼓判

次の記事

ハミルトンを間近で観察。ラッセルの2018年の”経験”は、将来必ず役立つ?

ハミルトンを間近で観察。ラッセルの2018年の”経験”は、将来必ず役立つ?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
執筆者 Alasdair Lindsay