F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

F1タイヤテスト初日:ボッタス首位、クビアト3番手。フェルスタッペンは153周走り込み

シェア
コメント
F1タイヤテスト初日:ボッタス首位、クビアト3番手。フェルスタッペンは153周走り込み
執筆:
2019/12/03 22:52

アブダビで行なわれたF1タイヤテスト初日は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

Esteban Ocon, Renault F1 Team R.S. 19
Esteban Ocon, Renault F1 Team R.S. 19
Esteban Ocon, Renault F1 Team
Esteban Ocon, Renault F1 Team R.S. 19
Sean Gelael, Toro Rosso STR14
George Russell, Williams Racing FW42
Valtteri Bottas, Mercedes AMG W10
Daniil Kvyat, Toro Rosso STR14
Roy Nissany, Williams FW42
Lando Norris, McLaren MCL34

 2019年シーズンの最終戦が行なわれたアブダビのヤス・マリーナ・サーキットに各チームが残り、2日間のタイヤテストを実施。その初日は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

 今回のテストは、2019年のタイヤと2020年仕様のタイヤを直接比較することが主な目的。チームには2日間で計20セットものタイヤが供給されている。

 その中身も2019年に使われたタイヤ5種類、2020年用として用意されたタイヤコンパウンドが6種類が混在している状況だ。

 ボッタスは計138周を走り、1分37秒124をマークした。これは、週末に行なわれたアブダビGPのFP1でボッタスが記録したトップタイムよりも遅いタイムとなっている。それでも、2番手となったフェラーリのセバスチャン・ベッテルとは0.867秒の差がついた。

 そのベッテルは、エキゾーストの問題で午前中の走行時間を約1時間ほど失ったものの、最終的には136周を走っている。

 3番手はトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトで、ボッタスからは1.059秒差。午後のセッションで72周を走った。午前中はショーン・ゲラエルがトロロッソのマシンに乗り込んでテストを担当。こちらは67周を走り、11番手となっている。

 レーシングポイントのセルジオ・ペレスが120周を走り4番手。146周を走ったロマン・グロージャン(ハース)が5番手だった。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、タイムこそランド・ノリス(マクラーレン)に及ばず7番手だったが、全チーム最多の153周を走り込んでいる。

 8番手は来季からF1レギュラードライバーに復帰するエステバン・オコン。初めてルノーの2019年マシン『R.S.19』に乗り、77周を走った。

 ジョージ・ラッセルに加えて、イスラエル人のロイ・ニッサニーを走らせたウイリアムズは、ラッセルが87周を走り9番手。ニッサニーはラッセルと4.4秒差の12番手だった。なお、テスト2日目は来季のレギュラードライバーであるニコラス・ラティフィがドライブし、ラッセルはメルセデスのマシンに乗ることになるようだ。

 アルファロメオはキミ・ライコネンがテストを担当したが、”技術的な問題”が発生したため、走行を途中で切り上げた。ライコネンは93周を走り10番手となっている。

Read Also:

タイヤテスト初日結果

Pos. Driver Team Time Gap Laps
1 Valtteri Bottas Mercedes 1:37.124   138
2 Sebastian Vettel Ferrari 1:37.991 0.867 136
3 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:38.183 1.059 72
4 Sergio Perez Racing Point 1:38.434 1.310 120
5 Romain Grosjean Haas 1:39.526 2.402 146
6 Lando Norris McLaren 1:39.741 2.617 125
7 Max Verstappen Red Bull 1:39.926 2.802 153
8 Esteban Ocon Renault 1:39.962 2.838 77
9 George Russell Williams 1:40.368 3.244 87
10 Kimi Raikkonen Alfa Romeo 1:40.903 3.779 93
11 Sean Gelael Toro Rosso 1:41.640 4.516 67
12 Roy Nissany Williams 1:44.760 7.636 41
次の記事
ルノー、ランキング5位を死守!「最悪の事態は避けられた」とリカルド安堵

前の記事

ルノー、ランキング5位を死守!「最悪の事態は避けられた」とリカルド安堵

次の記事

オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」

オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」
コメントを読み込む