トルコで今季初優勝バルテリ・ボッタス「これまででもベストレースのひとつだ」

バルテリ・ボッタスは圧倒的な強さを見せて優勝したF1トルコGPについて、これまででもベストと言えるレースのひとつだと、非常に満足している様子を見せた。

トルコで今季初優勝バルテリ・ボッタス「これまででもベストレースのひとつだ」

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今季初優勝となったF1第16戦トルコGPについて、これまででも最高のレースのひとつだと誇る姿を見せた。

 ボッタスは予選では2番手タイムだったものの、チームメイトのルイス・ハミルトンがパワーユニットのコンポーネント交換によるグリッド降格を受けたため、レースはポールポジションからスタート。レッドブルのマックス・フェルスタッペンを抑えて先頭でレースを優位に進めていた。

Read Also:

 インターミディエイトタイヤを履いてスタートしたレースは、結局ドライタイヤを使用するようなコンディションとはならず、各車は終盤に2セット目のインターミディエイトを投入。ボッタスもその例に漏れずピットインしたため、ステイアウトを選んだシャルル・ルクレール(フェラーリ)には一時的にトップを譲ったが、最後は2番手のフェルスタッペンに14秒の差を付けてトップでチェッカーを受けた。

 ボッタスにとって、今回の優勝は2020年ロシアGP以来と久しぶりのモノ。彼はキャリア10勝目を振り返ると、イスタンブール・パークでのパフォーマンスは特別なものだったと語っている。

「僕としては、おそらくこれまで経験してきたレースでも最高のひとつだと言わざるを得ない」

「1回あったスライドを除けば、全てがコントロール下にあった。レース前にも話したけど、マシンはどのコンディションでも本当に素晴らしくて、凄く自身が持てて、それをコントロールすることができたんだ」

「こういったコンディションでは戦略を選ぶことも簡単じゃない。どのタイミングでピットストップするのか、どのタイヤを選ぶのか……その全てでね。でも何もかもがスムーズに進んだのは嬉しかったし、素晴らしかった」

 今回、フェルスタッペンはボッタスに仕掛けることはなくレースを終えた。彼はレースを振り返り、インターミディエイトタイヤのライフを伸ばすために、温存モードに入る必要があったのだと話している。

「トラック滑りやすくて、今日は簡単な一日じゃなかった」と、フェルスタッペンは言う。

「レース全体でタイヤをマネジメントする必要があった。それもあって、本気のプッシュはできなかったんだ」

「バルテリの方がもう少しペースが良くて、タイヤも労れていたと思う。でも2位でフィニッシュできたことに満足している。こうしたコンディションでは、ポジションを落とすことも、もっと悪い結果も簡単に引き起こされるからね」

 またフェルスタッペンはレースで最も厳しかった部分は何だったのかとも訊かれていたが、それについてはタイヤのマネジメントだったと答えている。

「寝ずに起きていることだ!……とは言わないけどタイヤをマネジメントすることに尽きた。だから決してプッシュしなかったんだ。一定の周回を確実にこなすためにね。そしてピットに戻って、新しいモノを履いていったんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ステイアウトで一時首位走行も作戦失敗……しかしルクレールに後悔なし「あれはギャンブルではなかった」

前の記事

ステイアウトで一時首位走行も作戦失敗……しかしルクレールに後悔なし「あれはギャンブルではなかった」

次の記事

マゼピン、ハミルトンの追い抜き“妨害”を謝罪……路面の汚れと水しぶきで“目隠しドライブ状態”と釈明

マゼピン、ハミルトンの追い抜き“妨害”を謝罪……路面の汚れと水しぶきで“目隠しドライブ状態”と釈明
コメントを読み込む