F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

ボッタス&フェルスタッペン「タイヤを温められなかった」のがモナコ予選の敗因

シェア
コメント
ボッタス&フェルスタッペン「タイヤを温められなかった」のがモナコ予選の敗因
執筆:
2019/05/26 2:14

F1モナコGPの予選でポールポジションを逃したバルテリ・ボッタス(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、タイヤがあまりにも冷えていたことがその原因だったと語った。

 F1モナコGPの予選でポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。ハミルトンは予選Q3最後のアタックでこの週末の自身ベストラップを更新……ポールポジションを獲得することとなった。

 しかしその一方で、ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタス、そしてレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、タイヤの温度低下に苦しみ、最終アタックを諦めざるを得なかった。彼らふたりは、混雑したタイミングでコースインしてしまったために、タイヤを温めるのに十分な準備ができなかったようだ。

「現時点では、本当にがっかりしている。今日は良い速さを持っていると感じていたんだ」

 ボッタスは予選後にそう語った。

「今日は1日中、マシンは良いフィーリングだった。最初のアタックでは、0.2〜0.3秒ほどペースを改善できると感じた。もっと良い仕事ができたはずだった」

「2回目のアタックでは、アウトラップでかなり混雑したところに入ってしまった。何箇所かで、ラインを外さなければいけなかったんだ。そしてその2回目のアタックでは、タイヤをうまく作動させることができなかった。とても残念だ」

 タイヤを適切な温度に保つことができなかっただけではなく、より遅いマシンを抜くためにラインを外して走ったことで、コースの汚れた部分を走ることとなり、そのことがよりアタックに向けた準備を妨げたという。

「僕にとっての問題は、アウトラップのトラフィックだった」

 そうボッタスは付け加えた。

「何台かのマシンの後ろに詰まってしまい、そしてそれを抜くためにライン外を走らなければいけなかった。それでタイヤにはたくさんの汚れがついてしまったんだ」

「そしてタイヤを適切な温度に温めることができなければ、このコースでは大変なことなんだ」

「ターン1ですでに、タイヤは必要な温度になっていないと感じた。そしてコーナーでどんどん遅れていき、ターン8では激しくスナップを出してしまった。それで終わりだ」

 フェルスタッペンは、ポールポジションから0.3秒以内に入ることができると考えていたという。しかしメルセデス2台の間に割って入るのは無理だと、最初のコーナーを通過した時点で感じたという。

「今週末を見てみると、僕らは結局0.2〜0.3秒足りなかった」

 そうフェルスタッペンは説明する。

「予選Q2は非常に良いラップだった。タイヤはちゃんと温まっていたんだ。そのことは、ここではかなりの違いを生む」

「Q3の最初のアタックでは、ターン1でリヤのグリップが十分じゃなかった。それで少しタイムを失ってしまったんだ。でも残りの部分はQ2と比較してもかなり安定していたので、悪くはなかった」

「Q3最後のラップでは、アウトラップで渋滞に引っかかってしまった。そしてアタックを始めた時には、すでにタイヤは冷たかった。0.2〜0.3秒ほど遅かったから、僕はアタックを中止することを決めたんだ」

「全体的に見れば、僕らは今週末に良い仕事をした。去年ほどは強くなかったように感じたけど、僕にとっては良い予選だったよ」

次の記事
フェラーリは2019年を”見限る”べき? ウェーバー「カナダでも離されていたら……」

前の記事

フェラーリは2019年を”見限る”べき? ウェーバー「カナダでも離されていたら……」

次の記事

ホンダPU、全4台が予選Q3進出。田辺TD「ポジティブな予選。ドライバー、チームに感謝」

ホンダPU、全4台が予選Q3進出。田辺TD「ポジティブな予選。ドライバー、チームに感謝」
コメントを読み込む