F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベント 進行中 . . .
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
6 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
13 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
28 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
34 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
41 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
55 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
62 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
83 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
111 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
118 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
132 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
146 days

ボッタスは静かに戦いたい……2021年の契約交渉は「もっと内密に進めたい」

シェア
コメント
ボッタスは静かに戦いたい……2021年の契約交渉は「もっと内密に進めたい」
執筆:
, Grand prix editor
2020/02/25 8:35

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2021年の契約延長をめぐる交渉を、昨年よりも内密に進めていきたいと話した。

 メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、2020年シーズンでチーム在籍4年目を迎える。しかし、チームはこれまでボッタスとの単年契約を1年ずつ更新する形をとっている。そのため、2021年にボッタスがフリーエージェントとなる可能性もあるのだ。

 メルセデスは昨年、ボッタスに代わって育成ドライバーのエステバン・オコンを2020年のドライバーに起用することを公然と検討していた。しかし、最終的にボッタスの続投を決断。8月末にボッタスとの契約を更新した。

 2019年にメルセデスのリザーブドライバーを務めていたオコンは、ルノーのドライバーとして、F1に復帰することになった。

 ボッタスは昨シーズン中盤は契約交渉に関する”雑音”のせいで集中できていなかったと認め、2020年はチームが昨年から学び、議論を内部に留めておくべきだと話した。

「僕もチームも、それ(契約交渉の話題)をどのように扱うか学んだと思う」

「チーム外部での、不必要な話が少し多過ぎたんだ。全てを内密にしておく必要がある」

「それによって物事がより簡単になるんだ。そして、決定が早ければ早いほどいいということも昨年学んだ。それを8月や9月まで遅らせる必要がある時、気が散る原因となってしまう」

「憶測は膨らんでいく一方だから、その2、3カ月前に事が済めばもっと簡単な話なんだ。間違いなく僕たちは学習した。早くなんとかできればと思っているけどどうなるか見てみよう」

 一方で、チームは新しいシーズンに向けた準備を進めている最中であるため、メルセデスとの交渉を開始するのは早すぎるとボッタスは語った。

「当然、とても早い段階から話し合いを始めたいと思っているけど、シーズンのこの段階では意味がない。早すぎるんだ」

「僕たちはパフォーマンス向上に集中し、とても忙しくしている。でも、僕たちはトト(ウルフ/チーム代表)やチームの全員と良い関係を築いている。その時がきたら、オープンに話し合いができるだろう」

「昨年僕たちはお互いに、どのようにコミュニケーションをすれば良いかなどを学んだんだ。(今年は)間違いなくそれをもう少しスムーズに行なうことができるだろう」

 

Read Also:

次の記事
メルセデスのDASは革新的。ライバルチームも”感嘆”「これがF1の良いところ」

前の記事

メルセデスのDASは革新的。ライバルチームも”感嘆”「これがF1の良いところ」

次の記事

ホンダのF1での将来は? フォーミュラEに興味も「今はF1に集中」

ホンダのF1での将来は? フォーミュラEに興味も「今はF1に集中」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Luke Smith