F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
28 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
42 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
56 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
70 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
77 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
105 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
112 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
133 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
147 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
161 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
196 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
210 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
217 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
231 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
245 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
252 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
266 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
280 days

”F1の素晴らしい将来”のため……ロス・ブラウン、ハミルトンとの共同作業に期待

シェア
コメント
”F1の素晴らしい将来”のため……ロス・ブラウン、ハミルトンとの共同作業に期待
執筆:
2019/06/26 3:00

F1のスポーツ面のトップを務めるロス・ブラウンは、ルイス・ハミルトンらと共にF1の将来を形作るために働くのを待ちきれないと語る。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、先日行われたF1フランスGPで、圧倒的な強さを見せて勝利を収めた。

 そのハミルトンは、パリで行われたF1とFIA、そしてF1チームの代表者が2021年からのレギュレーションの内容を話し合う会合に出席。その内容の印象について尋ねられたハミルトンは、「まだまだ修正しなければいけない部分がある」と語った。

 結局F1の2021年レギュレーションは、その決定が今年の10月まで先送りされることになった。

 F1のスポーティング面のディレクターを務めるロス・ブラウンは、フランスGPの後に恒例のコメントを発表。その中で、将来のF1を良くするために、ハミルトンと共に働くのを楽しみにしていると語った。

「ルイスが今後数カ月のうちに、(将来のF1を良くするために)貢献する意欲を示してくれた。そのことに私は満足している。特に現在予定されている3つの会議それぞれで、彼と共に働くのが待ちきれない」

「世界で最も人気のあるスポーツのひとつであるという地位を維持するためには、F1は方向性に重要な変化を加える必要があるということを、我々はよく理解している」

「予算上限の導入や収入のより公平な配分など、我々やFIA、そしてチームなど主要な関係者全員が目的に同意し、主な原則に関して幅広い合意がなされている。技術面では、我々やFIAは、すべてのチームやエンジニアと協力してきた」

「ドライバーから直接意見が寄せられるのは、素晴らしいことだ」

 ブラウンは、F1は過去の過ちから学んでいると語る。そのひとつとして取り上げたのは、新開催されるベトナムGPのサーキットだ。このコースは、「レースの面白さと追い抜きのしやすさ」を実現するためのレイアウトになっているという。

 なおハミルトンは、これまでこういった議論のプロセスに、ドライバーが介入することはできなかったと主張している。しかしブラウンは、これについては異議を唱える。

「ドライバーに対する扉は、常に開かれている。過去においてこのチャンスは、すべての当事者に活かされていないことが多かった。そしてこの新しい自発的な動きは、素晴らしいことだ」

 そうブラウンは語った。

「総括すると、ルイス、我々は君の、そして全てのドライバーの貢献を喜んでいる」

Read Also:

F1にはもっと”競争”が必要

 ブラウンは、2019年シーズン前半のメルセデスの完璧なまでの強さを称えた。その一方で、F1にはより成功が広がる必要性を指摘。グリッドの前方で多様性を生み出したいと、ブラウンは常々語ってきている。特にトップ3チーム以外は表彰台を狙うことができないという状況は、F1にとって不幸なことだと考えているのだ。

「もしメルセデスが、このペースで強さを発揮し続けていくのなら、モンツァでコンストラクターズチャンピオンが決まってしまうかもしれない。まだシーズンの1/3が残っているのだ」

 そうブラウンは語る。

「明確にしておかなければならないのは、ルイス、バルテリ(ボッタス)、そしてメルセデスの、完璧さを追い求めるシーズンを、非難すべきではないということだ。そして我々が導入したいと考えているルールの変更は、1チームに向けられたものではない」

「しかしそれとは別に、我々が愛するこのスポーツには、もっと競争が必要だということを我々全員が理解しなければいけない。他のチームも、表彰台を目指すことができるようにね。そしてそれは、少数の強力なチームのためだけではないのだ」

Read Also:

次の記事
「タイヤを機能させたい」フェラーリ、“最高速”を犠牲にダウンフォースを求める方向へ

前の記事

「タイヤを機能させたい」フェラーリ、“最高速”を犠牲にダウンフォースを求める方向へ

次の記事

ペナルティが迫るマクラーレン、”スペックB”PU導入のジレンマに直面

ペナルティが迫るマクラーレン、”スペックB”PU導入のジレンマに直面
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell