F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

ロス・ブラウン、フェラーリの戦略を擁護「予選Q2でミディアムを使ったのは間違いじゃない」

シェア
コメント
ロス・ブラウン、フェラーリの戦略を擁護「予選Q2でミディアムを使ったのは間違いじゃない」
執筆:
2019/05/01 4:38

F1のスポーティング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、アゼルバイジャンGPの予選Q2でミディアムタイヤを使うというフェラーリの決断を支持している。

 F1のスポーティング・ディレクターであるロス・ブラウンは、アゼルバイジャンGPの予選Q2で、フェラーリがミディアムタイヤを選択したことについて支持する発言を行った。

 アゼルバイジャンGPでのフェラーリは、フリー走行から予選にかけ、優位に立っているように思われた。その結果フェラーリは、Q2にミディアムタイヤで挑む唯一のチームとなった。ミディアムタイヤでQ2を通過することができれば、決勝レースを優位に進めることができると考えられていたからだ。

 しかし、ミディアムタイヤでタイムを計測した後、ルクレールはターン8でミス。ウォールに突き刺さってしまった。ルクレールはこのミディアムで計測したタイムでQ2を突破することはできたものの、マシンのダメージによりQ3に出走することができなかった。この結果、フェラーリはセバスチャン・ベッテルがひとりでQ3に臨むこととなり、他車のスリップストリームを使うことができなかった……そしてメルセデス勢にフロントロウを独占され、決勝でも1-2フィニッシュを許すこととなった。

 フェラーリが予選Q2でミディアムタイヤを使ったことについては、誤った判断だったのではないかという声も聞かれる。しかしロス・ブラウンは、フェラーリが正しい戦略を採ったと信じている。

「ミディアムタイヤで予選Q2に挑戦するのは、私の意見では正しいものだったように見える。なぜならソフトタイヤでは、メルセデスの方が速いペースを持っていることを、金曜日の午後に示していたからだ」

 ブラウンはそうレース後に語った。

「もしシャルルが予選Q3でメルセデスの前に立っていたら……彼にはそうできる可能性があった……そして、長い第1スティントを走っていれば、先頭でフィニッシュするチャンスがあっただろう」

「しかし彼にとっては残念なことに、力強いレースをしたにもかかわらず、今年3回目の5位でフィニッシュした。そして、ファステストラップを記録してボーナスポイントを手にしたことでも、彼を元気付けることはなかっただろう」

 フェラーリは勝利を失い、対するメルセデスは4戦連続での1-2フィニッシュを飾った。フェラーリとしては、タイトル争いに留まるためには、物事を素早く好転させる必要がある。しかし状況は非常に難しく見えるものの、フェラーリにとってのチャンスはまだ失われていないと、ブラウンは考えている。

「長いチャンピオンシップを形作る最初の部分がバクーで終わったが、我々は少なくとも2チームが、タイトルを争っているということを期待できると思っている」

 そうブラウンは語った。

「現時点では、メルセデスが4戦連続で1-2フィニッシュを果たしたことを考えると、そんな見方に反対する考えの方が、理論的に思えるだろう。しかし、フェラーリにもまだまだ反撃する時間が残っていると感じている。4レースのうち2レースでは、彼らにも勝つために必要な力があるということが分かったからね」

Valtteri Bottas, Mercedes AMG W10, leads Charles Leclerc, Ferrari SF90, and Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W10

Valtteri Bottas, Mercedes AMG W10, leads Charles Leclerc, Ferrari SF90, and Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W10

Photo by: Andy Hone / LAT Images

次の記事
無事に終えられて“ホッとした”……ラッセル、苦しいアゼルバイジャンGPを乗り越え安堵

前の記事

無事に終えられて“ホッとした”……ラッセル、苦しいアゼルバイジャンGPを乗り越え安堵

次の記事

スペインGPのタイヤ選択が公開。3強チームのソフトタイヤ選択に差が出る

スペインGPのタイヤ選択が公開。3強チームのソフトタイヤ選択に差が出る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble