F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

白熱のレース連続に、F1上層部も満足「批判への最高の”答え”になる」

シェア
コメント
白熱のレース連続に、F1上層部も満足「批判への最高の”答え”になる」
執筆:
2019/07/31 10:33

F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、3戦連続で白熱のレースが続いていることが、批判への答えだと語った。

 6月末に行われた第8戦フランスGPは、オーバーテイクが少なく退屈だと批判を浴びた。しかし、その後の3レースはエキサイティングなレースの連続となった。

 マネージングディレクターとしてF1の競技面を統括するロス・ブラウンは、フランスGPは動きが少ないレースとなり、F1に対して”驚くほど辛辣”な批判が寄せられたものの、オーストリア、イギリス、ドイツと白熱のレースが続いたことで、F1が依然として”世界一のモータースポーツシリーズ”であることを思い出させたと語った。

「なんてショーなんだ」と、ブラウンはF1公式サイトで連載しているコラムで、ドイツGPを振り返った。

「ドイツGPは1周目から最後まで非常にエキサイティングだった。オーバーテイクやミス、完璧とは言えない戦略や計り知れない勇気、クラッシュなどあらゆる要素が詰まっていた。表彰台のラインアップだけでなく、トップ10のオーダーも誰も予想できないものになっただろう」

「8つの異なるチームがポイントを獲得した。ビッグチームのどちらか、あるいは2台共が失敗し、2台がポイントを獲得できたのはトロロッソとハースだけだった」

Read Also:

 ただドイツGPに関しては、天候が大きな役割を果たしていたとブラウンは認めた。

「断続的な雨が、スペクタクルなレースを作ったと言わなければならないだろう。だが、最近の3レースが様々な理由で非常に面白いものだったということは否定できない。フランスGPの後にF1が受けた不幸な批判に対する、考えられる最高の”答え”だ。それ(フランスGPへの批判)には、驚くほど辛辣なものも含まれていた」

「全てが完璧だと言っているわけではない。特に今回はダニール・クビアト(トロロッソ)が3位に入ったが、トップ3チーム以外のドライバーが表彰台に上がったのは、2017年以来わずか3件目だ」

「しかし、他のライバルたちよりも良い仕事をしているメルセデスがシーズンを支配しているにも関わらず、今年のレースは半分以上が退屈ではないと言えるだろう」

「全てのレースがこの水準になるわけではないが、F1を世界で最も素晴らしいモータースポーツシリーズにするのには十分だと思う」

 ブラウンは、今季2勝目を挙げたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を賞賛。ブラウンは、フェルスタッペンが最終的に、ランキング争いにおいてメルセデスコンビに割って入ることが出来ると考えている。

「彼は2つミスをした。フロントロウからのスタートは完璧ではなく、一時的に4番手に後退した。そしてレース中盤、ミディアムタイヤに履き替えてからスピンを喫した」

「しかし、(今季初優勝を挙げた)オーストリアの時のように、マックスのミスはパフォーマンスに影響しなかった。そしてオーストリアの時と同じように、落ち着いて、地に足をつけた走りをした。そしてキャリア7勝目と、ファステストラップのボーナスポイントを手にしたんだ」

「この勝利によって、マックスはドライバーズランキングでバルテリ・ボッタスのすぐ後ろにつけている。手がつけられないと思われていたメルセデスのふたりの間に、彼が割って入ることができれば、印象的だろう」

Read Also:

次の記事
フェラーリの”危険なリリース”に罰金のみ。難コンディションを考慮

前の記事

フェラーリの”危険なリリース”に罰金のみ。難コンディションを考慮

次の記事

アルファロメオに元フェラーリの空力エンジニアが加入

アルファロメオに元フェラーリの空力エンジニアが加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper