ロス・ブラウン「フォースインディア生き残りのため、F1も協力する」

シェア
コメント
ロス・ブラウン「フォースインディア生き残りのため、F1も協力する」
執筆: Scott Mitchell
翻訳:: 松本 和己
2018/08/01 8:55

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、破産申請をしたフォースインディアのF1残留のために、出来ることは全てやると語った。

 競技面のマネージングディレクターとして、F1の経営に携わっているロス・ブラウンは、破産申請を行ったフォースインディアについて、商業権保有者として出来る限りの協力をして、撤退を防ぐ姿勢のようだ。

 ドライバーのセルジオ・ペレスが引き金を引いたような形で、破産申請を行ったフォースインディア。チームの長期的な将来を見据えての行動だったが、彼らの計画はチームが引き続きF1の賞金全額を受け取れるということを前提としている。

 しかしオーナーが変更された上で、これらの資金を受け取れるようにするためには、ほかの全チームの同意が必要となる。

 ブラウンはハンガリーGP後のミーティングで、全F1関係者が待望の夏休みを楽しむのにふさわしく、「今、難しい時を過ごしているフォースインディアで働く人々は特にそれが当てはまる」と語った。

「F1は、チームを存続させるために全力を尽くすだろう。今後数日、数週間で彼らの未来に関する問題が解決することを心から願っている」

「過去数年、シルバーストンを拠点とする彼らフォースインディアは、限られたリソースの中で何ができるかについて、素晴らしい一例を示してきた。予算の規模よりも、何をどうやってやるかの方がはるかに重要なのだと見せてくれた」

 フォースインディアは、グリッド上でも最小規模の予算でF1を戦っていると見られているが、2年連続でコンストラクターズランキング4位を獲得している。

次の F1 ニュース
トロロッソ、ハンガリーテスト初日は「非常にポジティブな1日だった」

前の記事

トロロッソ、ハンガリーテスト初日は「非常にポジティブな1日だった」

次の記事

リカルド、レッドブルとの契約延長は夏休み後のベルギーGPまでに発表か

リカルド、レッドブルとの契約延長は夏休み後のベルギーGPまでに発表か
Load comments