より持続可能なスポーツへ。F1上層部、現行メーカーの参戦継続に自信

F1マネージングディレクターのロス・ブラウンは、現在参戦しているメーカーが、2021年以降にF1から撤退するような兆候は見られていないと話した。

より持続可能なスポーツへ。F1上層部、現行メーカーの参戦継続に自信

 F1ではここ数カ月にわたり、メルセデスとルノーがF1から撤退するのではないかという憶測が飛び交っている。しかしF1のモータースポーツ・マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、今後の見通しについて良い感触をつかんでいるようだ。

 ブラウンは、2021年から導入される予算制限がメルセデスのような企業に対し、財政に関する確実性をもたらすと語った。

 motorsport.comが、現在F1に参戦しているメーカーを2021年以降も維持できると確信しているか訊くと、ブラウンは次のように答えた。

「彼らがそう(F1から撤退)しようとしている兆候は見られない」

「取締役会レベルで言えば、より確実性が得られたことから、彼らは今起こっている事に満足している」

「トト(ウルフ/メルセデスのチーム代表)が毎年冬にメルセデスの取締役会に行くたび、彼は勝つためにより多くの予算を要求する。取締役たちはなんと言うだろう? 『ダメだ。これ以上勝ちたくないから、お金は出さない』と言っていただろうか?」

「今はもう違う。彼らはどれだけのお金を使うのか分かるようになる。(ダイムラーCEO)オレ・カレニウスから受け取ったメッセージでは、彼らはコストをコントロールし、F1にどれだけの額を費やす必要があるのか、知りたがっていた」

 F1のオーナーであるリバティ・メディアは、より公平な分配金制度の導入を目指している。これまでの分配金には各チームとの契約の下、様々なボーナスが存在しており、ビッグチームや長くF1に参戦してきたチームが多くの分配金を受け取ってきた。

 ブラウンはコスト制限と、より健全な分配金が全チームが参戦を継続し、財政的な危機に見舞われた場合にも対応できるようになるための鍵になると話した。

「F1チームが、今よりもはるかに持続可能な方法で、成功を収める事を望んでいる」と、ブラウンは語った。

「今のところ、チームは問題ないと思っている。しかし、ちょっとした”地震”が起こり、彼らが限界に達してしまったら、突然F1から撤退するだろう。我々はそんな事を望んでいない」

「メルセデスが撤退する理由はない。なぜそんなことをするんだ? 彼らは支出しているお金よりもはるかに多くのリターンを得ているんだ。彼らの経済環境にちょっとした地震が起きたとしても問題ないだろう。彼らはそれに対処できるし、問題にはならない」

「そしてそれが、変更をする必要があると我々が考える理由だ」

 2021年に導入される予算制限額は1億7500万ドル(約189億円)で、この中にはパワーユニット開発費用やドライバーの給与、マーケティング費用などは含まれておらず、劇的に予算が抑えられる金額が設定されているわけではない。

 しかしブラウンは、F1外で起こった問題により予算を劇的に削減する必要が生じた場合、予算制限の存在によってより良い対処ができると話した。F1には、2009年にリーマン・ショックから生じた世界金融危機により、ホンダとBMW、トヨタが相次いで撤退した苦い過去があるのだ。

「一度それ(予算制限)がうまく機能したなら、経済危機に陥った時に予算を引き下げることができる」

「(予算制限の)システムが機能すれば、ノブを回す(予算額を調整する)ことができる。現時点では、それを行なう方法がない」

「もし経済危機が発生しても、今我々にできるのはテストを禁止するくらいだ。それは一時的には大きな影響が生じるが、チームは別の方法を見つけてお金を使うため、持続可能ではないんだ」

Read Also:

シェア
コメント
ホンダ、PUの進歩に手応えアリ? 共に王者目指すレッドブルが寄せる大きな期待

前の記事

ホンダ、PUの進歩に手応えアリ? 共に王者目指すレッドブルが寄せる大きな期待

次の記事

新世代のF1は、規則の”悪用”を許さない? 2021年に向け、抑止手段の導入を検討

新世代のF1は、規則の”悪用”を許さない? 2021年に向け、抑止手段の導入を検討
コメントを読み込む