F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

F1新チームの参入は、早くても2022年以降「まずは新規則の安定が重要」

シェア
コメント
F1新チームの参入は、早くても2022年以降「まずは新規則の安定が重要」
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/09/02 22:58

F1のモータースポーツ・マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、新規参入チームを迎え入れるのは、少なくとも2022年まで待たなければならないだろうと語る。

 F1のモータースポーツ・マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、新規参入する可能性があるチームから、”驚くべき”関心が寄せられたと語る。

 しかしながらブラウンは、2021年からテクニカルレギュレーションとスポーティングレギュレーション、そして商業的な取り決めに大きな変更が加えられる予定であるため、新規参入チームを迎え入れる前に、状況を安定させる必要があると語る。

 ブラウンはまた、最近F1に参戦したHRTやヴァージン/マルシャ/マノー、そしてロータス/ケータハムなどが短命に終わったため、F1に参戦するチーム数として10チームは”良い数字”だと考えているという。

「驚くほど多くのチームが、参戦に興味を示している」

 そうブラウンはSky F1に対して語った。

「しかしこれらのチームに対して我々が伝えたのは、まずはこの新しいルールを導入し、状況を安定させようということだ。そして、チーム数を増やす前に、全てを適切に機能させようということだった」

「F1には今、10のチームが参加している。健全な10チームが存在すれば、F1にとっては十分だと思う。そして新たなチームが加わった場合、彼らは本当の意味でショーの中に加わらなければいけない。歴史から学ぶ必要もある。多くの小さなチームが出たり入ったりし、そして本当の意味でF1に加わることはなかった」

「だから2021年に導入するレギュレーションを安定させ、新たなチームが参戦するチャンスがあるかどうかを検討する必要があると思う」

 しかし一方で、現在参戦中のチーム代表たちは、そのクオリティが十分なものであれば、新規参入チームが加わることに異議を唱えることはないと語る。

「もしそれが良いチームであり、素晴らしいバックグラウンドを持った力強いチームであり、持続可能なプロジェクトを持っているのなら、私の考えでは(受け入れは)”イエス”だ」

 そう語るのは、ルノーのチーム代表であるシリル・アビテブールだ。またトロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、次のように語った。

「12チームが最適な数だと思う。そして他のチームで何が起こっているのかは分からない」

「それが意味するところは、スターティンググリッドにはできるだけ多くのマシンが必要だということだ。サーキットと安全面から言っても、24台という数は許容範囲内であり、サーキットの施設のスペースからも、許容範囲内だと思う。私はそれを歓迎する」

 レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、財政的な懸念から、より慎重な姿勢を取る。

「将来、コスト上限が導入されれば、12チームまで受け入れる余地があると思う」

 そうサフナウアーは語る。

「しかし、12チームが持続していけるようにするためには、分配金をもう少し公平に配分する必要がある」

Read Also:

次の記事
レッドブルの育成方針は間違っていない! チーム代表のホーナーが主張

前の記事

レッドブルの育成方針は間違っていない! チーム代表のホーナーが主張

次の記事

ルノーと育成契約を更新したばかり……プロスト「ユベールをF1に乗せてあげたかった」

ルノーと育成契約を更新したばかり……プロスト「ユベールをF1に乗せてあげたかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper